苦しんだ豊川打線だが、6回に一気に爆発して逆転



豊川・米庄寛成君

 今年の夏の愛知大会ベスト4進出の至学館を延長で下して進出してきた安城南。チームとしての勢いはある。格上とも言える相手の豊川にどう挑むか、注目された。

 先制したのは豊川で、2回に三塁打の尾崎君が相手失策で帰った。しかし、「失策は仕方ない」と、安城南は割り切っており、その後は安藤君がしっかりと抑えていた。

 1点を追う5回、安城南は二死走者なしから2番前田君が中前打で出ると、続く野島君が米庄君のストレートを上手に右線に落として三塁打として同点。さらに村澤君四球後、5番に入っている安藤君が中前に落として、自らを勇気づける逆転打となった。安城南の勢いは、6回にも続いた。一死一塁から、併殺を焦った内野の送球ミスで二三塁として、さらに暴投で三塁走者が帰り追加点。安城南が2点リードした。

 ところが、これで豊川打線は目が覚めたかのように、その裏突然打線が爆発した。

 この回先頭の梶野君が失策で出ると、4番米庄君が右前打して一三塁。一死後四球で満塁となり、7番水野君が左越二塁打して二者が帰って同点。なおも、続く杉浦君も右中間を破る二塁打でさらに2点が入り逆転。留めとして、1番漆原君が右線へ落す三塁打で5点目が入った。

 豊川はこのリードを8回からは白井君につないで守り切った。

 試合後、豊川の今井陽一監督は、「相手投手はよかったんですけれども、もう少し早く点を取らないといかんですよ」とまずは攻めが遅かったことを反省。さらに、「今日の米庄は60点くらいの出来ですね。暑さもあったし、ある程度力を抑えていたということもあるでしょうが、スピードそのものももっと出るはずです」と、この日は最速133キロということにもやや不満の様子だった。それでも、「ここ2~3年の中では、実は一番力のないチームなんですよ。だけど、一生懸命に練習をやる子たちなので、力以上のものを試合で出せる要素はあります。何とかここまで来られましたから、もう一つ上へ行かないといけませんね」と、2度目のセンバツ出場への最初のアプローチとなる東海大会出場を見据えていた。

 中盤はリードしていて、「あわや…」の期待感もあった安城南だったが、最後は力負けしてしまったものの健闘は評価されていいであろう。伊佐治琢磨監督は、「試合そのものはとても楽しかったですけれども…」と、この2日間の強豪私学に対しての試合での充実感を感じていた。6回にリードを広げた時には、「いつかは追いつかれるかとは思っていたけれども、このまま行けるかもしれないなという気持ちもあったことは確かでしたけれども、欲が出たらひっくり返されました」と、6回の攻防を振り返っていた。

 それでも、今大会での安城南の健闘は、大いに称えられていいであろう。そして改めて、西尾東がリーダーとなって西三河の公立勢の健闘ぶりを再確認した。実は、安城南を率いる伊佐治監督も西尾東の出身である。

 ところでこの試合では、8回途中でグラウンドにつむじ風が舞い上がり、それがなかなか止まず、一時試合が中断するということがあった。

(文=手束 仁