指揮官の「ご苦労さん」の声を受けながら粘った安城南が接戦を競り勝つ



安城南・安藤利玖君

 この夏もベスト4で、近年愛知県内でいわゆる私学4強という勢力に最も肉薄してきて、私学5強としての存在になりつつある至学館。夏のメンバーから、2人の投手が残ったということもあり、今大会では、東海大会進出はかなり狙える位置づけだはないかということも言われていた存在である。しかし、そんな至学館に対して臆することなく立ち向かった安城南

 前半にリードしたのを8回に追いつかれながら、延長でもう一度突き放してそのまま逃げ切った。

 安城南はエースで打者としても5番に入っている安藤利玖君が中心となっているが、初回は一死から3連打で満塁として安藤君の左中間二塁打で2者を帰す。さらに4回にも、竹内君と日紫喜君の下位の短長打で作った好機で1番長藤君のタイムリーでさらに2点。8回にもまたしても長藤君のタイムリーで追加点を挙げた安城南は5点をリードした。ところが、さすがに至学館もそのままではなかった。

 8回の至学館は、9番藤本君が左前打で出ると1番立石君も左前打。さらに四球となって無死満塁。内野ゴロで併殺かと思われたが送球ミスが絡んで2点が入る。なおも4番廣田君の中前打と、土岐君の左翼スタンドへの2ランで同点となる。

 こうなったら、さすがに力では一枚上の至学館が有利になるのかと思われた。ところが、延長10回、安城南は2本の内野安打などで満塁として、ここで至学館バッテリーに暴投があって、これが貴重な決勝点となった。その裏も、安城南の安藤君はしっかりと投げて1四球のみで抑えた。

 安城南の伊佐治琢磨監督は、「こんなこともあるのかなぁと思っています。(安藤投手は)ある程度は投げられるのかなとは思っていましたけれども、ここまで投げてくれたら十分です。延長になった時は、まさかその後に勝てるとは思っていませんでしたから、(安藤投手には)『ご苦労さん』と声をかけました。バッテリーの気持ちが入っていて、コンビネーションもよかったで、(配球関係に関しては)ほとんど任せきっていた」と、バッテリーの好判断も勝因の要素だということを明かした。

 延長10回、安城南は途中から出場していた野々山君の内野安打から、竹内君と日紫喜君という下位の連打で満塁としたところでバッテリーミスとなる暴投があってこれが決勝点となった。

 10回の至学館の攻撃を抑えた安城南。試合後は、大いに喜びがはじけていた。

 至学館の麻王義之監督は、「結局、力がないということですね。こういう展開になった時に、8回で逆転しなくてはいけないんですよね、それが出来なかったということは、やっぱり、今のチームではそこまでだったということなんでしょう」と、試合を振り返っていた。そして、「一冬越えたら、まったく別のチームになっていると思いますよ」と、この負けからの再スタートを誓っていた。

(文=手束 仁