2019年07月29日 岡崎市民球場

桜丘vs至学館

2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会 準々決
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

粘った桜丘が延長12回、ミラクル至学館にサヨナラ勝ち

 準々決勝では、0対4と負けていた試合が雨でノーゲームとなり、再試合で豊川に勝って進出してきた至学館。4回戦の菊華との試合でも、序盤の3失点を追いつきひっくり返しながら再度追いつかれて延長の末サヨナラ本塁打で勝つなど、例によって粘り強さを示してきた。麻王義之監督は、「どんな相手に対しても、対応していかれる対応型のアメーバ野球」ということを常々言っているが、それに加えて今年は一旦死んだチームが蘇って「ゾンビ野球だ」という。それに野球をやれる幸せを感じて、「笑顔のゾンビ野球」だということだ。それを真顔で言いながら、「それって怖くないですか?」と笑う。

 これに対する桜丘は、ここまで組み合わせの妙というか、シード校として3回戦から登場して岡崎西岡崎学園豊橋中央安城東となぜか三河勢ばかりと当ってきた。そして準決勝で初めて名古屋市内勢の有力私学と顔を合わせることとなった。桜丘としては、ここで勝ってこそ、愛知大会として勝ち上がってきたという意義がより大きくなるというものだ。

 初回の至学館は米津君がストレートの四球で出るとすかさず二盗。佐野君のバントは安打となって、しかも送球がそれる間に一気に本塁を陥れた。相手としては、「いつの間にやら点を取られてしまっていた」と思わせるもので、至学館野球の神髄のような点の入り方だった。

 しかし、その裏に桜丘も先頭の藤代君が左前打で出ると、バントで進み、二死二塁から堀尾君の左中間二塁打でたちまち同点。序盤から動きの多い展開で始まった。

 2回にも至学館は、持ち味を発揮した。粘って連続四球後バントで一死二三塁としたところで9番菊池君は叩きつけて内野ゴロ。三走名城君は迷わず本塁へ滑り込んで野選となる。なおも一三塁で今度は米津君が初球スクイズで三点目。ここまで安打らしい安打は1本もなかったのに、3点が入っていた。

 「今年のチームは、グラウンドがない中で育ってきた至学館の最後の子たちで、打撃力がないのは仕方がない。そういう中で勝つためには何をしたらいいのかということを工夫しながらやってきた、それが原点回帰で当初からの、いろんな形で仕掛けていくという至学館のスタイルになった」と麻王監督は言うが。まさにそんな形をことごとく見せつける得点パターンだった。

 それでも、桜丘もそのことで慌てることはなかった。じっくりと反撃機を待って、6回は二死走者なしから3連打で1点を返す。8回に1点ずつを取り合う展開となって、1点至学館がリードしたまま9回に突入。至学館は先発の2年生渡邉都斗君がここまで投げ切っていったが、二死走者なしとなって、勝利まであと一人。ところが、ここで桜丘打線が抵抗を示し、杉浦君が左前打すると、途中から3番に入っていた近藤君が中前打でつなぎ、4番堀尾君の右前打で同点。至学館としては9回二死あと1球で勝利と言うところで、「あと一つの難しさ」をまざまざと感じさせられることとなってしまった。

 そして延長に突入して12回、桜丘は一死から中神君の二塁打が出る。ここで至学館ベンチは、3番手の下手投熊谷君になっていたが2者は敬遠で満塁。一か八かの勝負となったが、8番伊藤大貴君は中前に落としてこれがサヨナラ打となった。ガックリと、その場に崩れ落ちる選手もいた至学館だったが、これも勝負。

 「ウチはもう、ここからは初めての不へ対になるので、失うものもないし、伸び伸びとやっていって、新しい歴史を作れることが出来たらいい」と、桜丘の杉澤哲監督。学校としても初の夏の大会決勝へ向けて、改めて盛り上がっていきそうだ。

 あと1球で涙をのんだ至学館。麻王監督は、「実は今年のチームは、至学館史上最弱かなと言うところから始まっていたんですよ。それを、主将の牧山が嫌われ役も厭わず買って出て、仲間に対してもチームが勝つために厳しいことも言って来てくれたんですよね。そして、みんなの意識が前に向いてきて、目指す至学館の野球をやれるようになってきた。ここまで、本当によくやってきてくれたと思う」と、牧山君を含めてすべての選手たちの、ここまでの頑張りを称えていた。

「そりゃ、勝ちたいですよ。そのためにやってきたんだから。だけど、あと一つで勝てなかったということ、それを受け止めながら、それぞれがこれからの人生を頑張っていって欲しいですね」

 そんな麻王監督の思いが十分に浸透していた今年の至学館。最後はゾンビ力は出し切れなかったけれども、少なくとも、見ている者には、ステキな感動を提供してくれたことは確かだった。

(文=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
安城南vs至学館【愛知県 2019年秋の大会 第72回愛知県高校野球選手権大会】
今夏優勝の誉、タイブレークの末敗れる!【秋季愛知県大会  7日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
愛知大会総括!大会序盤から波乱の連続!誉の初優勝で幕を下ろした今大会 【ニュース - コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
至学館vs豊川【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
桜丘vs安城東【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
至学館vs山田【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
青山学院vs桜丘【東京都 2019年夏の大会 第101回選手権東東京大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
第845回 咲き乱れる実力校!平成最後の愛知の春を制するのは?【愛知県大会展望】【大会展望・総括コラム】
桜丘 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 愛知大会 【大会別データ】

応援メッセージ (11)

至学館頑張れ大塚ケンヂ 2019.08.01
川高の分も頑張れ
桜丘応援藤井文夫元父母の会会員 2019.07.28
初めての甲子園を目指し明日は頑張って下さい。ぶったまげて応援しています。
桜丘感動したこたまんど 2019.07.28
今日の試合、めちゃ興奮して、感動した‼️泣いちゃいました❗明日、応援してるんで、全力で頑張って
桜丘頑張れ!桜生 2019.07.28
打倒至学館!明日の試合楽しみにしています!
桜丘頑張れ!mm 2019.07.28
川高のためにも頑張れ!
桜丘甲子園目指して頑張れ!桜丘応援団 2019.07.27
皆んなで応援に行きます。頑張れ!桜丘!
桜丘桜丘の絆繋げ❗桜丘大貴君応援団 2019.07.27
赤羽根中から良くここまで頑張ってきました。一人の力がナインの力になります❗がんばれー
桜丘優勝ひまわり 2019.07.27
愛知県大会、優勝目指して頑張って
桜丘川高の分まで頑張ってください。平野幸治 2019.07.27
見に行けないけど応援してます。
桜丘高床式ネズミ返し 2019.07.26
自分達の野球をやるだけ!
頑張れ!
桜丘桜魂で夢の甲子園を目指せ❗桜丘卒業生 2019.07.26
ずっと、あなた達を皆応援しています。ベスト4も凄いこと❗ でもここまで来たなら、あなた達なら必ず成し遂げれるはず。桜魂で、後もう少しだけ頑張って、皆で甲子園に立とう。頑張れ、桜

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る