2019年07月25日 岡崎市民球場

中京大中京vs愛知産大三河

2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中京大中京、先制~中押し~ダメ押し本塁打と盤石の戦いで4強進出

 この夏の大会を前に、白地に立襟でブロック体の「CHUKYO」というユニフォームとストッキングも紺地に白の3本線のという伝統のものに戻して話題になった中京大中京。平成時代、厳密には全国では1997年の準優勝を果たしたセンバツ大会以来23年継承していた丸首で筆記体の「Chukyo」でトリコロールカラーが袖口とストッキングに入っているスタイルのモノを令和時代になったことを機に、昭和時代に一時代を作っていたユニフォームに変更したという。もっとも、まったくの復刻スタイルかと言うとそうでもなく、新3本線はラインの位置が以前よりもやや下にあり、ラインそのものも従来のよりも細い。そして、左袖はかつての中京商時代の輝かしい伝統を示していたという意味も込めて「中商」という旧校章を残していたが、それが今の中京大中京の大陸型とも言われているカラフルな色合いの「C」マークを花型で象ったものとなった。

 史上最多の甲子園勝利数と春夏合わせた優勝回数11を誇っている、全国的な伝統校でもあり名門校である。それだけに、長らく中京大中京を応援し続けてきているという古くからのファンやOBなどからも、賛否両論さまざまあるようではある。たかだかユニフォーム変更と言われればそれまでかもしれないが、そのことがメディアも含めて話題となっていくところに高校野球文化の奥の深さもある。

 また、それが中京大中京で起きているからこそのことで、さすが名門校とも言えるし、その責任もあるのだとも言える。とは言え、この日、中京大中京が昨夏の東愛知代表の愛知産大三河も下してベスト4に進出を果たしたということで、このユニフォームはまだ負けていない。もう半世紀以上も愛知県内の高校野球の勢力構図としては言われ続けている“私学4強”。それが、今年はベスト16を前にそのうちの3校が崩れたのだが、ここで中京が残ったことで「さすがに、このユニフォームは、そんなに簡単に負けれんでね」と見ている高校野球ファンもいる。

 そんな中京大中京だ。この大会は春季県大会のベスト8に与えられるシード校として3回戦から登場。初戦の名東から、4回戦の刈谷工、5回戦の国府に対していずれも5回コールドゲームという圧倒的強さで勝ち上がってきている。そして迎えた準々決勝、ここへ来て調子もさらに上がってきているという2年生のエースの高橋 宏斗君が先発してきた。これに対して、愛知産大三河はこの大会に入って実質エースという立場になっているというやはり2年生の高橋一壮君が先発。

 まずは先取点がポイントとなるかなと思われたが、初回に中京大中京はあっさりと先制する。二死走者なしから、四球で中山君が出塁すると、二塁盗塁して送球がそれて三塁まで進めたところで、今泉君が左翼へ強烈なタイムリー打で帰す。この打球を見ても、中京大中京の打線は強烈だなと思わせるに十分だった。

 打順が2廻り目になってきていた4回、中京大中京は3番中山君が中越二塁打を放つと、今泉君死球後バントで一死二三塁。印出君の中犠飛と、7番佐藤啓介君の一二塁間を破るタイムリー打で2点を加えた。試合展開としても、中京大中京としては、ちょうど欲しかったというタイミングでの2点だったとも言えよう。

 愛知産大三河は、これまでもそうしてきたように、途中で捕手の櫻井君が投手となり、2イニングつないだが、8回に中山君の右翼へのソロアーチが出て、これがダメ押し的になった。 結局中京大中京は先制~中押し~ダメ押しとして万全のしいの流れ。守っても、高橋君が何故か6番の石原一馬君にだけ4安打されたものの、都合6安打。三塁へ走者を進められたのも初回と5回のみ。ほぼ盤石と言っていい試合内容だった。

 「全国で戦えるということを意識してチームを作っている」という高橋源一郎監督は、今日の高橋宏斗に対して、「0に抑えたということを考えれば合格点なのでしょうが、彼の伸びしろということを考えたら、まだまだ満点ではありません」と厳しく、冷静に見ていた。ただ、チームに関しては、「西村、中山という、1番3番に置いている2年生がいい働きをしています。4回の二塁打、8回の本塁打いずれもほしいところで出してくれた。中山は、センスの良さというかある程度は天性のものもあるのではないかと感じている」と、評価していた。「(優勝までは)あと2つだけれども、ここまで来て一つひとつを、これまで通りにしっかりと戦っていくだけ」と、改めて引き締め直していた。

 昨夏の東愛知優勝校であり、ある意味ではディフェンディングチャンピオンという立場ででも戦わざるを得なかった愛知産大三河の櫻井春生監督は、「今年のチームは、秋季大会の結果などを見られてもわかるように、甲子園系犬種がいるとはいえ力はありません。そんな中で、この大会に入ってからは、戦いながらようやく少しずつ力は上がってきたかなと思います。だから、ここまで来られて、このチームでは正直、よくやった方じゃないかなと思っています」と、さばさばとしていた。

(文=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
150キロ台到達へ!荒削りの145キロ右腕・牟田稔啓(香椎)の歩み 【ニュース - インタビュー】
常に謙虚な姿勢!驚異的な実戦派の巧打者・西村友哉(中京大中京)に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
第1013回 公式戦14本塁打の強打を築いた中京大中京のロングティー。そして質の高い日々の積み重ねが圧倒した実力を身につける【後編】【野球部訪問】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第1012回 グラウンドを最大限に使うことが堅い守備と強力な投手陣を生み出す 中京大中京【前編】【野球部訪問】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第1102回 指揮官が絶賛する147キロ左腕・松島元希(中京大中京)。覚醒のカギは「良い意味で負けん気の強さ」 【2020年インタビュー】
第1092回 「自分の強みと弱み」を知っている剛腕・高橋宏斗 驕ることなく世代ナンバーワンピッチャーへ!【後編】 【2020年インタビュー】
第1091回 小柄な2番ショートが高校1年までの4年間で146キロ右腕になるまで 高橋宏斗(中京大中京)【前編】 【2020年インタビュー】
中京大中京vs健大高崎【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs明徳義塾【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
中京大中京vs県立岐阜商【2019年秋の大会 第72回秋季東海地区高等学校野球大会】
愛知産大三河vs安城【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
愛知産大三河 【高校別データ】
中京大中京 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 愛知大会 【大会別データ】

応援メッセージ (4)

中京大中京真剣味南裕 2019.07.25
準決勝も完封勝ち行けるぞ
愛知産大三河貫けファミリー 2019.07.24
自分達の野球を貫いていれば必ず勝てるでしょう。自信持って頑張れ。
中京大中京夏、甲子園石川寮 2019.07.24
やっぱり、中京大中京が出なければ面白くない。
中京大中京天下の中京babylon 2019.07.24
5回コールドゲームで勝って下さい!

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る