蒲郡が5点差を8回、9回で追いつき、延長11回に逆転サヨナラで西尾を下す

 まだ梅雨明けしていない東海地方。この日も、朝からはっきりしない天候だった。しかも深夜に降った雨の影響で、各地で試合開始が遅れていたようだが、豊田市運動公園球場も予定より約1時間遅れの9時55分に試合開始となった。

 西尾東の昨夏の準優勝、秋のベスト4などに確実に刺激を受けている西尾。自分たちも負けていられないという思いは強いのだろうが、今年のチームは秋も春も、二次トーナメントまで進みながらも西三河地区ブロックを勝ちきれず県大会進出を果たせず悔しい思いをしてきた。それだけに、この夏に賭ける思いはよりいっそう強いものがある。

 また、蒲郡は今を時めくソフトバンクのエース千賀 滉大投手の出身校ということで、知られるようになった。そんな両校の対戦だが、初戦ということもあってか、初回はお互いにちょっと攻守にやや硬いかなという印象の入りとなった。ただ、そんな中で、西尾の上位打線のスイングの強さが目立っていた。

 しかし、蒲郡の壁谷君は臆することなく度胸よく投げて行っており、5回までは1~3番に4本の安打を浴びつつも4番以下には安打を許さず無失点。また、西尾の鈴木輝君も初回、4回、5回と複数の走者を背負って、苦しい場面もあったが何とか食い止めて踏ん張り、0対0で試合は後半に突入することとなった。

 均衡が破れたのは6回で、西尾はこの回先頭の4番平野君が粘って四球を選ぶとしっかりバントで送る。さらに兒丸(こまる)君の遊撃強襲安打で一三塁後、山本君も粘って四球で満塁。そして8番の鈴木輝君だが、スクイズがファウルになるなどでフルカウントとなったが、ここでしっかりと三遊間を破ってこれが先制打となった。さらに二死満塁で、1番に回って上村壮君が痛烈に右前へ運んで2点目が入った。しかし、3点目は、蒲郡富田君の好返球で阻止した。