2019年05月26日 豊橋市民球場

安城vs豊田大谷

2019年春の大会 第140回 中日旗争奪 全三河高校野球大会 3位決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

安城が攻守にまとまりを見せて、完封勝利で全三河3位を獲得



冷静な投球で完封した安城の安部君

 愛知県では、この時期恒例となっている全三河大会、全尾張大会が開催されている。それぞれ、春秋の東海地区大会の時期に並行して、地元の公式大会をということで開催されている。全三河は東西三河地区から春季県大会予選の二次トーナメントで8強に残ったところが参加する仕組みとなっている。

 3位決定戦は図らずも西三河勢対決となった。

 「昨日の準決勝では豊川に、ボコボコにされましたけれども、3位決定戦がある以上、ここで勝っていくのも一つの勲章」という考え方で、安城の加藤友嗣監督は、必勝態勢で挑む意気込みだった。

 その安城、初回から勢いを示す。先頭の鈴木輝君が左前打で出ると三振の間に盗塁を決めて一死二塁として3番白草君が一二塁間をゴロで破るしぶとい安打で先制。2回、3回はいずれも併殺で終わったが4回は4番市川剣君が中前打で出ると、長谷川泰世君とのエンドランが決まって無死一三塁。この好機に相手失策と、バント後高橋航大君の犠飛で追加点を挙げた。こうして、積極的に足を絡めた攻撃が功を奏していた。さらに5回にも、二死走者なしから2番浦竹君が四球で出ると、続く白草君が右中間真っ二つの二塁打で一塁走者は好スタートで本塁に帰って4点目。

 そして、安城の先発阿部君が、球威があるというワケではないが、丁寧な投球で巧みに打たせていって、安打は許しつつも粘りの投球を示していた。

 何とか流れを変えて反撃したい豊田大谷、崎久保宏憲監督は5回途中から先発佐藤匠悟君から岩田君にスイッチ。さらに8回からは林恵吾君と繋いでいって、失点は防いだものの、ついぞ打線が安部君の投球に的を絞り切れず、攻略しきれなかった。

 結果としては完封勝利となった安城は、安部君の粘り強い好投は勝因の一つである。しかし、それ以上に安部君の好投を引き出した要因として加藤監督は、「初回に先制出来たのが大きかった。一死二塁で二塁走者がヒット一本でいい判断で帰って来られたのですが、そういう練習は徹底してやってきました。その成果が出ました。

 三塁コーチャーもいい判断だった。そういうプレーが最初にきちんと出来たたことがよかった」と、評価した。そして、「打線は必ずしも打てるとは限らないわけだから、足を使ったり、いろんな工夫をして点を取りに行くことを考えている」という戦い方を基本としている。つまり、エンドランなどを仕掛けて行ったて足を絡めて、相手を揺さぶっていくという野球は安城としては持ち味としている。

 そして、展開としては、先制~中押し~ダメ押しという展開を作っていくことを目指している。それだけに、「7、8回でチャンス作ってダメ押しを取れなかったことは、大反省点です」と、加藤監督は引き締めも忘れていなかった。それでも、「私学に勝てたことは、やはり自信にはなる」と、この試合で確かな手ごたえも感じていた。

 なお、安城はこの日3打数2安打の長谷川泰世君が打率5割で大会の打率2位、4番を打つ市川剣君も3位(同打率だったが、打点差で3位)ということで、大会終了後に、それぞれ表彰された。これもまた、夏へ向けての一つの励みとしていって欲しいものだ。

(取材・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
愛知高校野球は2020年も見逃せない!気になるチームを一気に紹介! 【ニュース - コラム】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
中京大中京が期待通りに全国の頂点に立つも、愛知県内に多くの実力校が存在感を示した秋を振り返る! 【ニュース - コラム】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
愛知産大三河vs安城【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
豊川vs安城南【愛知県 2019年秋の大会 第72回愛知県高校野球選手権大会】
安城南vs至学館【愛知県 2019年秋の大会 第72回愛知県高校野球選手権大会】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
桜丘vs安城東【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
安城東vs名古屋工【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第13回 安城(愛知)「持っている力をすべて出し切り、県大会ベスト8の夢を成し遂げる!」【僕らの熱い夏2019】
第747回 松坂世代の甲子園ベスト4の先輩球児が語る、当時の経験が活きること 山瀬正明(豊田大谷出身) 【2018年インタビュー】
安城 【高校別データ】
豊田大谷 【高校別データ】
第140回 中日旗争奪 全三河高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る