2019年04月21日 熱田神宮公園野球場

至学館vs名古屋市工芸

2019年春の大会 春季愛知県大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

これが至学館の野球、2点のビハインドをラスト3回でひっくり返す



至学館先発の渡邉都斗

 今、愛知県の高校野球で一番面白い野球をすると言われているのが至学館だ。打てなくても何とかして得点を奪っていくスタイル。それを手本として いきたいという学校も多いという。必ずしもスーパースターがいなくても十分に戦えるのが高校野球だ。至学館の浅王義之監督はそんな思いでチーム作りをしている。だから、走者が出たら、相手に対していろんなことを仕掛けていく。そして、相手に対して「今度は何をやってくるのだろうか?」と、不安にさせていく。それを“思考破壊”と呼んで、一つの戦術としている。

 前日は、昨夏の代表校愛工大名電を接戦で下して進出してきた至学館。「昨日は、苦しい試合でしたけれども、今日はどんな試合をお見せできるか、楽しみにしてください」と試合前に語っていた麻王義之監督。
 これに対して名古屋市工芸は前日の2回戦では満塁本塁打もあって半田にコールド勝ち。1回戦から連続コールド勝ちで、打撃好調ぶりを示してきていた。

 その名古屋市工芸が初回、至学館の先発左腕渡邉都斗君の立ち上がりを攻めた。先頭の南出君が中前打で出ると、しっかりとバントで送り、西村君が右中間へ運ぶ二塁打で帰して先制。さらに四球とけん制悪送球で二死二三塁とすると、6番赤堀君も中前へ鋭くはじき返して2点目。まさに、打撃好調の勢いに乗った鮮やかな名市工芸の先制攻撃だった。
 至学館は、毎回走者を出して塁上を賑わせながらも、この試合ではもう一つ本来の味というか、相手をかく乱していく技を発揮しきれないでいた。と言うよりも、名古屋市工芸の冷静な守備もあって、至学館に付け入れさせずに持ちこたえていた。

【次のページ】 至学館vs名古屋市工芸(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
愛知大会総括!大会序盤から波乱の連続!誉の初優勝で幕を下ろした今大会 【ニュース - コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
桜丘vs至学館【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
誉が私学4強・中京大中京を破って決勝へ!桜丘は延長12回サヨナラ!【選手権愛知大会・28日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
至学館vs豊川【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
至学館vs山田【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
名古屋市工芸vs半田【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
至学館vs名古屋国際【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会 名古屋地区予選】
第845回 咲き乱れる実力校!平成最後の愛知の春を制するのは?【愛知県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第783回 東邦など名古屋地区の私学4強が分散、豊川、西尾東などがどこまで抵抗示すか【大会展望・総括コラム】
名古屋市工芸 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
第69回 愛知県高等学校優勝野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

至学館もう一度甲子園!ゆーな 2019.04.20
息子が8年前に至学館の野球部でした。
翌年、甲子園に行きました。
また、今年の夏、甲子園へ応援に行きたいです。がんばれ!!

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る