2019年04月13日 豊橋市民球場

大同大大同vs津島東

2019年春の大会 春季愛知県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

中盤で流れを変えた大同大大同が逆転してリードを守り切る



大同大大同・加藤利久生君

 この日から、春季愛知県大会が始まった。昨秋は、名古屋地区一次予選リーグで2勝2敗。菊華豊明と同率だったが抽選で県大会進出を逃した大同大大同。今春は、何とか県大会進出を果たせた。津島東は昨秋に続いての出場である。

 試合はいきなり動き出して、初回にともに1点ずつ取り合った。
 大同大大同は先頭の阪本君が左前打で出ると手堅くバントで進め、相手の内野ゴロ悪送球で生還する。しかし、津島東もその裏、すぐに四球の北脇君を置いて、3番宮田君が左前打して一三塁。4番南谷君が思い切りよくスイングして右犠飛となり同点。さらに2回にも津島東は竹内君、平野君の安打などで一三塁として9番川村君の中犠飛でリードする。ここまでは津島東が、上手に大同大大同の先発梶間君を攻略していた。大同大大同の西澤卓史監督が「期待しているのでも先発に起用した」という梶間君だったが、もう一つ自分の投球が出来ず、2回で降板ということになってしまった。「正直、5回までは持ってほしかったというのが本音ですね」と西澤監督も残念がる。

 それでも、大同大大同は3回から1番を背負っている八坂君がマウンドに登って試合の流れを変えた。

 大同大大同は4回、四球と5番加藤利久生君の安打と送りバントで一死二三塁。四球で満塁後、8番石黒君の中犠飛で同点。さらに9番に入っていた八坂君が中前打して逆転。

 5回にも大同大大同は2番小寺君の左前打から始まり、一死二三塁という場面で加藤君が右前へ2点タイムリー。さらに二塁へ進んで7番山口君もタイムリー打を放ってこの回3点。試合の流れは完全に大同大大同のペースとなっていった。

 津島東は八坂君から反撃の糸口をなかなかつかめないでいた。一方大同大大同は7回には二塁打の加藤君がバントで三塁へ進むと暴投で生還。9回も先頭で三塁打を放った加藤君を内野ゴロで帰した。加藤君はこの日は5打数4安打でタイムも放てばチャンスメイクもするという大活躍で2打点で出塁した4度はすべて生還した。「そんなに素晴らしく器用なこと言うわけではないんですけれども、思い切りがいいんでしょうね。それが、今日はいい方に出ました」と西澤監督は評価している。そして大同大大同は9回には3人目として浅井君をマウンドに送り、1四球を与えはしたものの浅井君もきっちりとその任を果たした。

 大同大大同は学校からバスで約15分のところに元浜グラウンドとして専用球場を有しているものの、大学との兼用になっており、優先権は大学にあるという。だから、昨日一昨日の練習は、授業後から大学生がやってくるまでの限られた時間で、グラウンドの練習をしたいということでアップもそこそこにシートノックだけは何とかこなしてきたという状態だった。そんな条件ながらも、昨秋の口惜しさをぶつけるかのように、選手たちは伸び伸びとプレーしていい結果を出すことが出来た。

 西澤監督は、「秋は怪我人も多かったのですけれども、冬の間に頑張ってやっていたので、その成果が出せたのだと思います」と目を細めていた。

 津島東は、試合の入りこそ自分たちの流れを作りかけていたのだが、途中で相手に移った流れを再度呼び込み切れなかった。平野君も、立ち上がりは低めに丁寧にコントロールされており、それが効果的だったのだが、中盤やや高めに浮いてしまいそこを大同大大同打線に捉えられてしまった。

  

(文・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
センバツ優勝の東邦が敗退!夏はノーシードから連覇狙う【秋季愛知県大会・20日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
東浦の打線が愛産大工の5投手を粉砕!2試合を徹底レポート!【春季愛知県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第845回 咲き乱れる実力校!平成最後の愛知の春を制するのは?【愛知県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第708回 連日接戦の気配漂う、東西愛知大会の夏の展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
大同大大同 【高校別データ】
津島東 【高校別データ】
第69回 愛知県高等学校優勝野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る