2019年03月24日 阿久比町立阿久比スポーツ村野球場 (阿久比球場)

東浦vs内海

2019年春の大会 春季愛知県大会 知多地区予選 リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

東浦が、冬のメンタル強化の成果を示し攻守に好感触



東浦・伊加田光君

 昨秋は県大会と並行するように行われていた全尾張大会では準優勝。県大会でも、3回戦へ進出してベスト16に残った。チームとしてはこうした結果が、確実に自信になっているようだ。中嶋勇喜監督が、「生徒たちが、本気で強豪私学に勝ちたいという気持ちが出てきたということは実感として感じています。その気持ちをより強く育てていくために、この冬は個々のモチベーションを上げていくことに重点を置いていた」と言うように、ワンランク質の高い練習を積んできた東浦。その成果は確実に出ているのではないだろうかと思わせる、東浦にとってはいい形の試合だった。

 東浦は「この冬で、一番成長した選手」と、中嶋監督も評価している伊加田君が先発したが、先頭の松本君にいきなり右へ運ばれて三塁打。ピンチを迎えたが、冷静な投球でそこから3人をしっかりと押さえた。以降は、4イニングを松本君の安打のみに抑えて投げていきながらしっかりと自分のペースを確保していった投球内容だった。

 そして、初回は連続四球後、3番深谷君の右前タイムリーで先制。

 2回にも中根君、平林君のそれぞれのタイムリーで加点。3回には二死二三塁から2番戸嶋君が左中間三塁打するなどして3点を加える。さらに4回は5番平林君の右前タイムリー打と代打嶽本君の左中間三塁打などで5点を奪う。こうして、ことごとくチャンスをものにしていく形は、「チームとしてもきっちりと仕上げてきたなぁ」という印象を強く与えた。そして、昨秋の実績も、選手たちにも確実に自信となってきているような感じだった。

 全部員で10人という厳しい布陣で戦った内海

 前任の刈谷から異動して4年目の山下博史監督は、「毎年定員割れを起こしているような学校なので、そうした中で、野球部を維持していくのは正直厳しいところもある」と言う。

 それでも、ほぼ甲子園サイズのグラウンドが校舎に隣接してあり、練習環境としては悪いものではないはずだ。4月に入ってくる新入生にも期待しながら、知多半島の内海に高い師崎の出身でもある山下監督としては、大会には単独チームで出場し続けていかれる状況を維持していきたいというのは切なる思いでもある。

 

(文・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【愛知独自大会】東浦が投手戦を制す!知多翔洋、大府らも勝利した11日の試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
東浦vs阿久比【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
知多翔洋vs内海【愛知県 2020年 夏季愛知県高等学校野球大会】
東浦・中嶋勇喜監督の思い「いつになってもいい、一度試合をさせてあげたい」 【ニュース - 高校野球関連】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
東浦vs刈谷北【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
東浦vs愛知産大工【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
東浦vs誉【愛知県 第126回全尾張高等学校野球選手権大会】
内海 【高校別データ】
東浦 【高校別データ】
平成31年度 春季知多地区高校野球 一次リーグ戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る