2019年03月23日 至学館グラウンド

名古屋南vs天白

2019年春の大会 春季愛知県大会 名古屋地区予選 敗者1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

9回無死満塁を凌いで名古屋南が、序盤のリードキープで逃げ切り



名古屋南・小出稜人君

 愛知県大会の一次予選は、東西三河地区や知多地区では数校ずつのブロックに分けてリーグ戦となっている。ただ、参加校の多くこの春は東邦がセンバツ出場となっている名古屋市地区はA~Мの13ブロックに分かれて、4~5校での敗者復活性のトーナメントで競われる。2敗を喫した時点で二次大会への進出権を失う。だから、敗者復活1回戦のこの試合は敗れると、この段階で春季大会は終わり、最終目標の夏を目指すことになる。

 お互い負けたくない戦いだが、先制したのは名古屋南だった。初回、失策で出た走者を二塁に置いてバントで三塁へ進めると、四球後内野ゴロ併殺崩れの間に三塁走者が帰るという形だった。まだまだ試合の序盤でもあり、天白としてもアウトを一つ増やせたわけだし、それほど大きな影響を与えるものではない失点かと思われた。ところが、これがことのほか重くのしかかったようで、力では上かと思われた天白打線が、名古屋南の先発奥平君を捉えきれない。1~3回まで、安打は出るものの単発。奥平君は粘り強いというか、走者を出しつつも上手にかわしながら堪えていた。

 こうして奥平君が踏ん張る間に、名古屋南は4回、二死走者なしから四球と7番木村君の二塁打などで満塁とすると、9番村田君は少し浅く守っていた天白外野陣の虚を突くかのように左中間へ運んでこれが、走者一掃の二塁打となった。村田君も、二塁ベース上では満面の笑みを浮かべていた。

 名古屋南の林康太監督はこのリードを継投で切り抜けた。先発奥平君を5回までとし、6回からはエースナンバーの1番をつけた小出君に託して天白の反撃を9回の点のみに抑えて凌ぎ切った。ことに、9回は無死満塁となり上位打線という場面になりながら、小出君は3番、4番をしっかりと押さえきった。このあたりは、一か八かというところもあろうが、小出君への信頼もあったということであろう。

 天白としては5回に最も信頼のおける3番近藤君の二塁打と神谷君の犠飛で1点を帰して追い上げ、3人目の太田君が5回以降を0に抑えて流れを呼び込みつつあった。それだけに、終盤に作ったチャンスを生かし切れなかったのは痛かった。

 結果的には、これで天白は春季の県大会への望みを絶たれることとなってしまった。

(文・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
愛知高校野球は2020年も見逃せない!気になるチームを一気に紹介! 【ニュース - コラム】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
選抜の覇者・東邦が盤石の戦いで1回戦突破!昨年の代表校・愛知産大三河も2回戦へ【選手権愛知大会・6日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第845回 咲き乱れる実力校!平成最後の愛知の春を制するのは?【愛知県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第749回 東西ともに熱戦が繰り広げられた、愛知100回目の夏を振り返る!【大会展望・総括コラム】
享栄vs天白【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会】
天白vs旭丘【愛知県 2017年秋の大会 名古屋市内県立校大会】
第348回 【愛知抽選会後 展望】最も熱く、過酷な愛知大会を制するのは?この夏の行方を徹底予想!【大会展望・総括コラム】
名南工vs天白【愛知県 2013年春の大会 平成25年度春季愛知県大会】
星城vs天白【愛知県 2011年春の大会 県大会】
成章vs天白【愛知県 2010年夏の大会 第92回愛知大会】
天白 【高校別データ】
名古屋南 【高校別データ】
第69回 愛知県高等学校優勝野球大会 名古屋地区一次予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る