力の均衡した競り合いは、終盤で豊橋南が再々逆転



打っても4番の豊橋商・伊藤佑真君

 昨秋は、一次リーグでは2勝3敗で3位。結局、東三河地区の最終代表決定戦となった第7代表決定戦で渥美農に敗れて県大会進出の成らなかった豊橋南。この春は何としても、県大会に進出したいところである。また、豊橋商も、昨秋は一次リーグでは1勝3敗1引き分けの5位。苦杯を嘗めているだけに県大会進出は、まずは最初の目標である。

 試合はお互いに初回の攻防から動きがあった。

 豊橋南は初回、一死後中村響太君が四球で出ると、内野ゴロで二塁へ進む。4番白井達也君は三遊間をゴロで破って、二塁走者を帰して先制する。しかし、その裏の豊橋商は、一死から増山君、北本君、伊藤 佑真君がいずれも右前へ巧みに運んで3連打して同点とする。さらに二死満塁となったところで暴投があって、豊橋商はすぐに逆転する。

 こうして初回にお互いが点を取り合ったのだが、その後は豊橋南の背番号11の石川君、豊橋商のエースで4番の伊藤 佑真君とお互いの先発投手が、それぞれ持ち味を出して、相手打線を0に抑えていた。

 次に試合が動いたのは5回だった。

 豊橋南は一死から、9番の横田君が四球を選ぶと1番田中大誠君が左前打。続く中村君も一二塁間を破って一死満塁。ここで、少し力んだか伊藤 佑真君は藤原君に対して初球死球で押し出しとしてしまう。さらに、白井達也君の中前打で豊橋南は逆転。なおも四球で満塁後、捕逸があってこの回3点目が入る。再び満塁となった後、竹李君の打球はセンター左への好打だったが、内田君が好走よく捕球し、当たりにつられて出ていた二塁走者も刺してピンチを逃れた。

 そしてその裏、攻守をした内田君からの好打順の豊橋商。内田君が初球を左中間二塁打すると、続く2番増山君も左中間へ三塁打して1点差。北本君は大きな中犠飛を放ってたちまち同点とした。なおも、豊橋商は死球と安打で一死一三塁として6番伊藤瑛仁君の二塁ゴロの間に三塁走者が帰って、取られた3点をすぐに取り返した形になり再度逆転した。

 追いかける豊橋南は7回、この回先頭の3番藤原君が左翼スタンドに放り込むソロを放つ。これで、豊橋南のベンチは盛り上がった。「よし、行けるぞ!」そんな雰囲気になった。

 8回、その思いがはじける。一死から8番石川君が失策で出ると、二死後連続四球で満塁として、藤原君が今度は左前へ痛打して2者を帰す。まさに、ここへ来て3番藤原君のバットが、一気に試合を動かしていった。

 そして、最後は9回、背番号1を貰っている藤原君がマウンドに登って、豊橋商の1番からの好打順の最後の反撃をぴしゃりと3人で抑えた。

 新任から3年目という豊橋南の成瀬拓哉監督は、「今まででは一番いい感じのチームになってきているという気はしています。基本的には、投手は(藤原君と石川君の)2本柱ということでやっています。守りを中心としたチームなので、今日は失策もありましたけれども二塁手や遊撃手の守りは信頼しています」と、県大会進出へ向けて着実にチームを作っていっているということが伝わってきた。

 今年のプロ野球ソフトバンクの開幕投手が予定されている千賀 滉大蒲郡時代に育てた豊橋商の金子博志監督は、今年のチームも伊藤 佑真君というしっかりとした主戦投手を作ってきていた。伊藤君は体格もがっしりとしているという印象だ。球の力もあるが、時に単調になったところをしっかりと食いついてくる豊橋南打線に捉えられて、最後は試合の流れを持っていかれてしまったのは、次への反省材料にもなるであろう。

(文・写真=手束 仁