2019年03月22日 豊橋市民球場

豊川vs三谷水産

2019年春の大会 春季愛知県大会 東三河地区予選 リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

1日遅れで始まった東三河地区予選、豊川が大量点で発進



豊川・梅村長良君

 前日は雨で全試合が中止となり、1日遅れの開幕となった愛知県東三河地区予選のBブロックリーグ戦。愛知県の場合は、地区によって予選システムが異なるのだが、東三河地区は24校ということで、ちょうど6校ずつの4つのブロックでのリーグ戦という形になっている。

 東三河の雄とも言える存在で、このブロックでは抜けた力がある豊川。まずは、圧倒的な力を示す滑り出しを見せた。

 初回、豊川は一死から執頭君、松山君、降籏君など三本の二塁打や8番杉浦君のタイムリー左前打などで5点を先取する。ただ、この5点でも三谷水産もひるまず、すぐにその裏に反撃したのは立派だった。

 三谷水産は先頭の木村君が菊間君のストレートをはじき返して左前打で出ると、二盗5伊藤聡君も続いて二三塁とすると、長谷君は風にも乗ったが右越二塁打を放って二者を帰す。無死で強豪豊川に3連打と、三谷水産打線も気を吐いた。

 しかし、やはり豊川は力では完全に優っていた。

 2回にも豊川は無死一二塁から中神君の二塁打に始まって、打者13人で7点を奪った。さらに3回にも、三谷水産のやや緩慢な外野陣の動きと風の影響もあって、単なる飛球が安打や長打になるケースもあり打者15人で大量11点が入った。

 豊川は4回にも、打者17人の猛攻で、12点を加える。三谷水産としては、どうにも止めようがないという感じだった。それでも、三谷水産は抵抗を示して4回裏にも三浦君の二塁打や胎動君の右犠飛で2点を返している。こうした反撃姿勢があったので、ものすごい点差ではあったが、そんなに目茶苦茶な試合になったという印象ではなかった。

 大差での勝ちとはいえ、豊川の今井陽一監督はバッテリーに関しては大いに不満だった。「相手が1、2ッ、3で振ってきているのに、そこに合わせるようにストレート投げていけば打たれますよ。どういう球で打ち取っていきたいのか、そのあたりのバッテリーの意図が、ベンチにいても伝わり切らないんですね。結局まっすぐで行って、捉えられてしまうということは、まっすぐだけでは通用しないんだよと言うことを分からなくてはいけないんです。そういうことをバッテリーがもっと、理解していかないと…」と、あくまでも上を見据えていく中では、要求は厳しい。それでも、昨秋11月から、社会人野球のたくぎん時代の1年後輩にあたり巨人やダイエー・ソフトバンク、オリックスで投手として活躍した吉田修司コーチが就任して投手陣を見てくれていることになった。そのことで、負担は軽くなったという。だから、その分、チームそのものの全体を見据えていきたいという姿勢だ。

(文・写真=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
中京大中京が押し出しで試合を決める!愛知県大会準々決勝2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
中京大中京vs豊川【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
“赤色”対決は豊川がサヨナラ勝ち!2試合を徹底レポート!【春季愛知県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
豊川vs豊田大谷【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
豊川工vs豊橋西【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会 東三河地区予選】
第845回 咲き乱れる実力校!平成最後の愛知の春を制するのは?【愛知県大会展望】【大会展望・総括コラム】
第4回 甲子園前にユニホームが変わる珍事件の真相【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第794回 東邦の優勝で幕を閉じた秋季愛知県大会!来春に伸びてくる実力校とは?【大会展望・総括コラム】
第783回 東邦など名古屋地区の私学4強が分散、豊川、西尾東などがどこまで抵抗示すか【大会展望・総括コラム】
愛知産大工vs豊川【愛知県 2018年秋の大会 第71回愛知県高校野球選手権大会】
西尾東vs豊川【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会】
豊川 【高校別データ】
三谷水産 【高校別データ】
平成31年度 春季東三河地区高校野球 1次リーグ戦 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る