2018年07月24日 岡崎市民球場

愛知産大三河vs刈谷

2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

我慢の試合は、愛産大三河が苦しみながらも最後に突き放して決勝進出

 

 初回に、愛知産大三河の主砲上田の2ランでいきなり点が入る形で始まった試合。上田はこれで4試合連続での初回タイムリーとなったが、刈谷の先発田村が1ボール後にストライクを取りに来たところを呼び込むように捉えて、センターバックスクリーンに放り込む見事な一本だった。

 

 しかし、刈谷もすぐに反撃して、その裏失策の走者と中前打の田中 天馬で一三塁として、ここで重盗を試みて、一塁走者が挟まれて、一二塁間を行き来する間に送球が肩に当たり、その間に三塁走者が生還した。こうして、立ち上がりからやや波乱含みな感じを抱かせつつ動く試合となった。

 

 愛知産大三河の先発は1番をつけた制球力のいい松原 絃介刈谷は、エースの田村蒼太で、2回以降はお互いに辛抱の仕合というか、我慢の展開となっていった。

 

 4回に愛知産大三河は二塁打の石原を当たっている7番佐々木が右前打で帰してリードを広げた。ただ、田村投手も、その後をよく抑えた。田村投手が踏ん張っている間に、何とか点差を詰めておきたい刈谷は6回、一死から3番田中が左前打すると、失策で一二塁となり、5番瀬口が中前へライナーではじき返して1点差。なおも一二塁だったが、松原投手も何とかこらえた。

 こうして、ますます投手戦というか辛抱戦の様相を呈してきた。7回も、お互いに三塁まで走者を進めたが、あと一本が出なかった。それだけ、両投手が頑張って、守りもギリギリのところでこらえていたとも言えよう。とにかく、連日38℃を越えるくらいの猛暑である。そんな中での試合で集中力を維持していくことも精神力云々だけではないものがあろう。7回のピンチで打球を処理した愛知産大三河の石原はそのまま足が攣ってしまったということもあった。

 それでも、9回まで戦い続けた。そして愛知産大三河は9回、安打と2つの死球で満塁とすると、佐々木がこの日自身4本目の安打を左前に放つと2者が帰って3点差。9回のこの場面で、貴重な追加点となった。

 

 愛知産大三河の松原投手は、苦しみながらも最後までしっかりと投げ切った。ここまで9回戦わずして、すべてコールドで勝ち上がってきていた愛知産大三河だったが、「ウチは、どことやっても接戦になるから」と常々言っていた櫻井春生監督。案外こうして苦しい戦いをしのいでいくのが、本来の戦い方なんかもしれない。

 愛知産大三河としては12年ぶりの決勝進出を果たした。

 
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高校時代に甲子園や各地方大会で活躍を見せた選手の次の舞台は?!六大学や東都に進学する逸材たち! 【ニュース - 高校野球関連】
愛知高校野球は2020年も見逃せない!気になるチームを一気に紹介! 【ニュース - コラム】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
愛知産大三河vs安城【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
愛知産大三河vs成章【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
刈谷vs日本福祉大付【愛知県 2019年秋の大会 第72回愛知県高校野球選手権大会】
中京大中京vs愛知産大三河【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
東浦vs刈谷北【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第204回 石川昂弥、黒川史陽などスラッガータイプの実力は?逸材野手たちを徹底考察!【後編】【ドラフト特集コラム】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
愛知産大三河 【高校別データ】
刈谷 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る