2018年07月08日 刈谷球場

安城vs猿投農林

2018年夏の大会 第100回選手権東愛知大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

仕掛けたり仕掛けなかったり、試行錯誤で安城が3回戦へ

 前日来の雨は上がって、いくらか風は強いもののグラウンド状態は十分となったこの日の刈谷球場。いよいよシード校登場である。

 昨秋の県大会で最後は東邦に敗れたものの、ベスト8へ進出して自信を深めた安城。今春もベスト16で東愛知のシード権を獲得した。シード校である以上、やはり初戦で簡単に破れるわけにはいかないし、ある程度先を見据えた戦いをしていかなくてはいけないという責任もあるだろう。

 ところが先制したのは猿投農林で2回、4番中村の中前打と野手のファンブルもあって無死二塁。内野ゴロで三塁へ進むと、日高の右前打で走者が帰った。しかし、その裏の安城はすぐに谷川恵一朗と白草の短長打に8番菅家の左犠飛で同点。さらに9番投手の豊島の二塁打も出て逆転した。

 それでも猿投農林も3回、一死一三塁から3番立野の中犠飛で同点とする。試合はシーソーゲームの様相を呈してきたが、安城は慌てなかった。その裏、一死から鈴木輝が三塁内野安打で出ると、すかさず二盗して、二死二塁となってから5番橋藤の中前打で再び安城がリード。さらに安城は4回にも先頭の8番菅家が二塁打するとバントで進め、内野ゴロGOの作戦が功を奏して杉浦拓のやや当たり損ない気味の投手ゴロだったが、これが野選を呼んだ。

 6回、7回にも安城は一三塁の好機を得たが、意図的に挟まれる重盗などを仕掛けいったが、いずれも猿投農林の村木捕手の冷静な判断に阻まれた。安城としてはやや策に凝り過ぎかなという印象もあったが、8回、二死走者なしから、8番菅家、9番伊藤友哉の連続二塁打で追加点。特に、策を講じずそのまま打たせたら得点といういささか皮肉なことにもなってしまった。それでも、逆転して4回からはエースの伊藤友哉を送り出したら、7回までは一人の走者も出さない好投で加藤友嗣監督の信頼に応えたのは見事だった。

 終わってみれば安城の勝ちパターンの継投がきっちりハマって勝ったということになった。それでも、猿投農林も守りで大崩れすることもなく、背番号4の丸山投手も終始冷静だった。それに、村木捕手はじめ冷静なプレーも随所に見られた。このあたりは、きっちりとしたチーム作りがされているのだろうなという印象を十分に見せてくれるものだった。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
桜丘vs安城東【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
安城東vs名古屋工【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
安城vs衣台【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
先輩の背中を追いかける!県大会ベスト8を目指す、安城の夏への取り組みに迫る! 【ニュース - コラム】
第13回 安城(愛知)「持っている力をすべて出し切り、県大会ベスト8の夢を成し遂げる!」【僕らの熱い夏2019】
伏兵・科技豊田が劇的優勝!!決勝・3位決定戦の2試合を徹底レポート!【全三河大会】 【ニュース - 高校野球関連】
安城vs豊田大谷【愛知県 2019年春の大会 第140回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
第749回 東西ともに熱戦が繰り広げられた、愛知100回目の夏を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第708回 連日接戦の気配漂う、東西愛知大会の夏の展望!【大会展望】【大会展望・総括コラム】
第69回 私学4強がそれぞれの力を示すも、微妙に勢力構図も変化し混戦の様相【愛知・2018年度版】【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
安城vs幸田【愛知県 2018年春の大会 春季愛知県大会 地区予選】
安城 【高校別データ】
猿投農林 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る