2018年03月22日 愛産大三河グラウンド

安城vs幸田

2018年春の大会 春季愛知県大会 地区予選 リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

攻守にいい形の野球を展開した安城が、昨秋ベスト8の自信も示す快勝



打ってはリードオフマンの杉浦拓実君(安城)

 昨秋、最後は東邦に力負けして大敗したものの、県大会ベスト8に進出した安城。その実績は、確実にチームとしての自信にもなっているのだろう。今年の最初の公式戦となったこの日の戦いでも、「いい形の野球をしているな」という印象を与える戦いぶりだった。

 エースと主力を故障で欠いている状態で一次予選の初戦を戦うこととなった安城だったが、「基本はノーサイン、選手たちが自分で判断して仕掛けていくときは動いて行っている」という安城。丘友嗣監督が上手に選手たちのモチベーションを引き出しているようだ。

 

 初回の安城は、先頭の杉浦拓実君が右前打で出ると、すぐに二塁盗塁。四球後白草君が送って一死二三塁としたところで、4番藤橋君が右前適時打。上手く外角の球を右へ運んでいった技ありの一打だった。続く、鈴木颯太君もバチンと中前へはじき返してこの回2点。

 2回にも菅家君が右前打で出ると、バントで進めて9番の豊島君が右前適時打。積極的な姿勢が得点を奪っていったという感じだった。幸田は先発の杉浦温君を早くも下げざるを得なくなってしまった。

 かし、リードされても幸田もムードは悪くなかった。ベンチは元気でよく声が出ていたが、その勢いでその裏すぐに、5番大鹿君左前打と7番伊藤君の右中間二塁打で一死二三塁。続く8番に入っていた馬場君が右前打で1点を返す。さらに、内野ゴロで併殺を焦って失策が出たところで1点差。なおも一死一二塁となった。幸田としては一気にひっくり返したいところではあったが、ここは安城の豊島君が、捕逸で走者を進めて苦しみながらも何とか凌いだ。

 これで、試合も落ち着いてきて、中盤は膠着状態となっていった。
 安城は7回に、6番鈴木輝君が5イニングぶりの安打となる二塁打を放つと、バントでしっかりと三塁へ進める。ここで、丘監督は勝負を賭けて「新チームスタート時は正選手だった。右投手に対してはかなり打てる」という高橋航大君を代打で送り出すが、起用に応えた高橋君は右越二塁打。打ちあぐねていた馬場君をようやく攻略できた。さらに、内野ゴロで進め四球後に2番谷川君が左前タイムリー打を放った。

 だが、幸田も粘った。その裏、一死二塁から2番の岩瀬蓮君が左越三塁打して続く西村君が意地で中前タイムリーで再び1点差となったが、ここでも豊島君は踏ん張った。豊島君は、夏から投手になったということで投手キャリアも浅いのだが、苦しいところをこうして堪えられたことで、貴重な経験を積んでいるとも言えよう。そして、安城は9回にも、高橋航大君の2打席連続の右中間二塁打でチャンスを作り、バントで進めると1番杉浦拓実君が一二塁間をしぶとく破って貴重な1点を追加した。

 安城は、送りバントをいずれも初球できっちりと決めており、その後にことごとくタイムリーが出ているというのも、いい形の野球ということが言えよう。

 丘監督は、「いい形で先制して、そのリードをずっとキープできて、追い上げられながらも、リードを許さず堪えられたことは大きかった」と、守りの粘りも評価していた。伸び伸びとさせながらも、きっちりとした手堅さも示しながらの戦い。この春も、安城はいい戦いをしていきそうな感じである。

(文=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
県内の並みいる強豪を撃破して初出場を掴む!歴史を作った誉のメンバーを紹介! 【ニュース - コラム】
第30回 誉(愛知)【初出場】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
桜丘vs安城東【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
中京大中京vs愛知産大三河【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
安城東vs名古屋工【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
安城vs衣台【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
【今日の高校野球ニュース】神奈川、東東京など開幕!京都の145キロ右腕初陣!愛工大名電のスーパー1年生夏デビュー! 【ニュース - 高校野球関連】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第13回 安城(愛知)「持っている力をすべて出し切り、県大会ベスト8の夢を成し遂げる!」【僕らの熱い夏2019】
安城vs豊田大谷【愛知県 2019年春の大会 第140回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
第103回 私立強豪校の壁を破れ!躍進をみせる西尾東(愛知)を支える頑張るマネージャー!【頑張る!マネージャー】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
安城 【高校別データ】
幸田 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る