2018年03月22日 愛産大三河グラウンド

愛知産大三河vs松平

2018年春の大会 春季愛知県大会 地区予選 リーグ戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

昨秋県大会準優勝の愛産大三河、気負いなく今春の初戦を突破



松原絃介君(愛産大三河)

 前日からの雨が朝まで残って、グラウンドコンディションは決して良くはなかった。中止の可能性も70%以上あったという状況の中で、それでも、何とか日程をこなしておかないといけない…、という思いもあって愛知産大三河の部員たちが丁寧に砂入れ作業などを行って、予定より2時間遅れで試合が行われた。

お互いにこの日が、この春の公式戦初戦ということになったのだが、「正直言うと、絶対勝たないといかんというプレッシャーのある西三河の予選の方が、県大会よりも戦いにくいし選手たちも、それを意識してか硬いんですよ」と、愛知産大三河の櫻井春生監督は言うが、なるほど、この日の試合も入り方は何となく硬いのかなという印象の愛知産大三河だった。

 

 初回は、先頭の石川 颯君が四球で出たものの、攻めきれなかった。それでも、2回には相手失策と下位の佐々木大君、眞河君、高橋 大地君の3連打などで3点が入った。さらに3回には、注目の4番上田君のクリーンヒットに始まって連続四球で満塁とすると、佐々木君の左前タイムリーと9番高橋 大地君の左越二塁打などで4点。

 愛知産大三河は6回にも、松原君と高橋君の巧みなバント安打と犠飛などもあって加点し、最後は1番石川 颯君が左越二塁打して10点差となり、コールドゲームが成立した。

 結果的には6回で終わった試合だったのだが、力でねじ伏せたという印象はなかった。そのあたりは、櫻井監督も百も承知というか、十分認識している。

 「ウチの戦いはいつもこんな感じですから。投手も、抑え込んではいなくて、打たれながらも、何とか抑えていくという感じです。今日は相手の投手が制球で苦しんだので点が入りましたけれども、初回のような投球をされたら、そんなに点は入らなかったと思いますよ。でも、こうして試合をしながら(チームを)作っていくという感じですね」

 格上でも、どんな相手でも、比較的接戦が多いという愛知産大三河。選手の能力で勝って行くというよりも、上手に点を取っていく野球を展開していく。それが愛知産大三河の持ち味でもあると言えよう。

 メンバーがギリギリの10人で戦った松平は、左腕の加藤圭悟君がすべてという感じだったが、「抑えなければ…」という思いがあったのだろうか、意識しすぎると、制球が乱れてしまい、苦しくなる。そして、ストライクを取りに行ったところを打たれるというパターンで失点していってしまった。

(文=手束 仁

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
岡崎学園(愛知県) 甲子園で勝てるチームになる!中京大中京にリベンジを! 【ニュース - コラム】
第19回 岡崎学園(愛知県) チーム、個人ともにレベルアップで中京大中京にリベンジ!【冬が僕らを強くする2020】
高校時代に甲子園や各地方大会で活躍を見せた選手の次の舞台は?!六大学や東都に進学する逸材たち! 【ニュース - 高校野球関連】
第1121回 公式通算11本塁打の恐怖の核弾頭・西村友哉(中京大中京)の能力を引き出したロングティー 【2020年インタビュー】
第4回 「球国愛知」は今年もアツい!2020年の愛知県高校野球の注目校を一挙紹介!【愛知の高校野球】
第4回 全国のレベルを痛感しつつ、自信も深めた2年時の甲子園出場 槙原寛己氏【中編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
第990回 【秋季愛知県大会】中京大中京が日本一へ輝くも、各地区の猛者が実力の片鱗を見せた球国愛知の秋【大会展望・総括コラム】
第3回 入学当時は甲子園出場は厳しいだろうと思っていた 槙原寛己氏【前編】【甲子園のヒーローに会いに行く】
愛知産大三河vs安城【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
愛知産大三河vs成章【愛知県 2019年秋の大会 第141回 中日旗争奪 全三河高校野球大会】
中京大中京vs愛知産大三河【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
愛知黎明vs享栄【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
東浦vs愛知産大工【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
愛知産大三河 【高校別データ】
松平 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る