2017年09月30日 岡崎市民球場

東邦vs桜丘

2017年秋の大会 第70回愛知県高校野球選手権大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

辛抱した東邦が中盤に一気に爆発して桜丘を突き放す



西有喜(東邦)

 この秋、愛知県内では最も前評判の高かったのが東邦だ。その予想通りに、ここまで安定した戦い方できっちりと勝ち上がってきている。森田泰弘監督も、「この大会は優勝したい。優勝して東海大会へ行かなくてはいけない」と、厳しく見つめている。それだけに意識も高く持っているということである。

 その東邦にぶつかる桜丘は、昨年秋に続いての、東海地区大会進出を果たしたいところである。今年の秋の新チームも、投手力が安定しているという評判で東三河を勝ち上がってきた。

 東邦は背番号10の西有喜君、桜丘は背番号11の左腕スリークォーター小林拳誠君が先発。ある程度の打ち合いが予想されたが、試合はそんな予想に反して、両投手の投げ合うという形になった。

 桜丘が初回に、2番吉野弘晃君の右翼へのソロ本塁打で1点を先取するが、この1点が思いのほか重く、前半は結局この得点のみだった。東邦は、5回まではわずかに2安打。桜丘も、安打こそ毎回放つものの、あと一本が出せず、そのまま1対0で後半に突入していった。

 膠着しかかった試合を動かしたのは東邦だった。5回の攻撃で代打を送ったことで、その裏のマウンドからエースナンバーを背負った扇谷 莉君が登板した。扇谷君は二死から、四球や安打を許すものの何とか0で切り抜ける。

 そして迎えた6回、東邦は二死走者なしから6番反頭君が安打で出ると死球と四球で満塁とした後、9番に入っていた扇谷君が右中間に二塁打して、満塁の走者一掃となり一気に逆転した。

 東邦はさらに、7回にも安打で出塁した林君を二塁へ進めて二死となってから、梅田昂希君が右越に大きな本塁打を放って2点を追加する。これで、試合の流れそのものは東邦に傾いていった。

 しかし、桜丘も決して委縮してはいなかった。ベンチではむしろ、「ゲームが楽しくなってきたんじゃないか、試合が動き出したんだ。相手だけが動いているから、自分たちも動かしていこう」と、声を掛けあい、8回にはその言葉通りに反撃。

【次のページ】 東邦vs桜丘(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
ベスト4が出揃う!愛知準々決勝の結果!【秋季愛知県大会・23日結果】 【ニュース - 高校野球関連】
今年も名古屋地区の私学4強が中心!秋季愛知県大会の展望! 【ニュース - コラム】
第783回 東邦など名古屋地区の私学4強が分散、豊川、西尾東などがどこまで抵抗示すか【大会展望・総括コラム】
第177回 ミレニアム世代のトッププロスペクト Vol.26 根尾昂(大阪桐蔭)「潜在能力はナンバーワン。精神的な強さが最大の武器」【ドラフト特集】
第749回 東西ともに熱戦が繰り広げられた、愛知100回目の夏を振り返る!【大会展望・総括コラム】
第742回 レジェンドたちの始球式、ドラフト候補の競演など第100回甲子園は見所満載!【大会展望・総括コラム】
東邦vs至学館【愛知県 2018年夏の大会 第100回選手権西愛知大会】
日大桜丘vs都立小平西【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権西東京大会】
都立葛飾野vs桜丘【東京都 2018年夏の大会 第100回選手権東東京大会】
第502回 星城(愛知)【後編】「愛知私学4強との対決を制し、下克上実現へ」【野球部訪問】
大阪桐蔭vs桜丘【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大阪桐蔭vs東邦【2018年 練習試合(交流試合)・春】
第358回 東邦高等学校 藤嶋 健人投手「最高の仲間とともに全国制覇へ」 【2016年インタビュー】
第337回 東邦高等学校 松山 仁彦選手「スケール感ならば藤嶋に負けない剛腕左腕!」 【2015年インタビュー】
第334回 秀岳館高等学校 九鬼隆平選手「借りはセンバツで返す」 【2015年インタビュー】
第12回 第96回全国高校野球選手権大会 1~3回戦を振り返る 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
桜丘 【高校別データ】
東邦 【高校別データ】
第70回愛知県高校野球選手権大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

桜丘今年こそ古 2017.09.29
新チームは接戦に強いチームになりましたね。めざせ甲子園!そのためには私学四強の東邦を倒さないと。とりあえず愛知県で優勝してください。

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る