2017年04月30日 岡崎市民球場

至学館vs栄徳

2017年春の大会 春季愛知県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

「打って得点を奪う」というテーマをようやく実践できた至学館



初回から盛り上がる至学館ベンチ

 前日の準々決勝、試合としては何とか勝利したものの、内容としては必ずしも満足いくものではなかったという至学館
「この春のセンバツに東海代表として出場したチームとしては恥ずかしい内容だった」という思いは強かったという。そうした意識を形で示そうと昨日、試合後のミーティングで藤原 連太郎君が最初に声をあげて、全員頭を丸刈りにしてきてこの日の試合に挑んだ。それには、麻王義之監督は「ボクも知らなかったので、ビックリしました」と言うが、そういう形で自分たちの意識を示していくのもまた至学館というチームだということである。

 そんな意識が初回から表れていた。県内屈指の好投手の一人と言われている栄徳釜谷 竜哉君に対して、この日はオーダーも大きく替えてきた至学館打線は1番の定塚 智輝君が右前打で出ると、バント2つで三塁まで進み、4番鎌倉 裕人君が中前打で先制。続く打撃好調の新美 涼介君も右越三塁打して2点目。さらに、この日は6番に下がっている井口 敦太君も意地を示して右前打で3点目を叩き出した。こうして、立ち上がりから、丸刈りにして意識を統一してきた至学館がその力を示した。

 センバツで敗退して以来、テーマとして掲げてきたのは「しっかり、打って点を取っていこう」という姿勢だった。言うならば機動力や、相手のミスを誘発していくように幻惑作戦などではない、正攻法の得点を挙げていくということだったのだが、それを実践していって見せた。麻王監督も「この大会でもここへ来て、ようやくテーマとしてきたことがやれた」と、選手たちが意識を上げてテーマを実践していったことを喜んでいた。

 栄徳の釜谷君としては、自分が思い描いていた至学館のイメージとは少し異なっていたのかもしれない。それが、いささか投球にも戸惑いとなったのだが、イニングの中で修正しきれないままだったところでしっかりと捉えられた。それでも。2回以降は、持ち味のチェンジアップなど、大きな縦の変化球が決まり出して、2~5回までは3人ずつで抑えていたのは、やはり投手としてのポテンシャルが高いことの証明でもあろう。

 しかしこの日の至学館打線は、さらに力強かった。6回にも、鎌倉君以下、新美君、井口君の3連打で、間でけん制で刺されながらも、四死球で押し出しの追加点をもぎ取る。さらに、9番の主将・木村 公紀君も左前へタイムリー安打を放って、この回2点を追加。

 栄徳の中野幸治監督は、7回からは釜谷君を下げて2人目に深尾晟羽君を投入したが、その深尾君に対しても至学館は8回、新美君の二塁打と7番三浦 信平君の右越三塁打、代打で登場してそのまま1番に入っていた大谷 康稀君の右越二塁打などで、3点を追加して7点差。コールドゲームとした。

 前日の試合内容を反省して、すっかり違う形で戦うことができた至学館。麻王監督が公言している「相手によって、どんな形にでも対応していかれるような“アメーバ野球”」が、見事にその真価を示したともいえるものだった。

 栄徳としては、釜谷君が早い回に掴まっては、やはり戦いとしては苦しくなるのは否めなかった。

(文・写真=手束 仁

注目記事
2017年度 春季高校野球大会特集

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
安城南vs至学館【愛知県 2019年秋の大会 第72回愛知県高校野球選手権大会】
今夏優勝の誉、タイブレークの末敗れる!【秋季愛知県大会  7日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
第965回 【秋季愛知大会展望】伝統の私学4強に、今夏上位の至学館、星城などが絡む展開か?【大会展望・総括コラム】
愛知大会総括!大会序盤から波乱の連続!誉の初優勝で幕を下ろした今大会 【ニュース - コラム】
第949回 【愛知大会総括】令和最初の夏の愛知は「戦国愛知」を象徴する大会だった!【大会展望・総括コラム】
桜丘vs至学館【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
至学館vs豊川【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
至学館vs山田【愛知県 2019年夏の大会 第101回選手権愛知大会】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第936回 【愛知大会展望】享栄ブロックに東邦、星城、中部大一に愛工大名電と、各ブロックに実力校集まる!【大会展望・総括コラム】
第955回 「アイツがいれば勝てる」と仲間から思ってもらえるような投手に!山田紘太郎(西尾東)【前編】 【2019年インタビュー】
至学館vs名古屋市工芸【愛知県 2019年春の大会 春季愛知県大会】
第876回 センバツ甲子園を制した東邦を中心に享栄、至学館、中京大中京、豊川などが追う【大会展望・総括コラム】
栄徳 【高校別データ】
至学館 【高校別データ】
第67回愛知県高等学校優勝野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

栄徳久しぶりの投稿です西本 2017.05.31
甲子園近づいてますね。今年こそ、出れるといいですsね。頑張ってください!
栄徳ファイト西本 2017.05.10
最近連勝続いてますね!すごいです。時々見て応援していますので、がんばってください。
個人名は出せませんが、二年生のEさん、特に応援しています、ファイトです。
ほんとうに、今年は甲子園、出れるといいですね。

応援メッセージを投稿する

愛知県地域応援スポンサー

愛知県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る