昨秋の悔しい思いをぶつけた中京大中京が気持ちで上回った伝統の一戦

中京大中京・磯村君

 何はともあれ、愛知県の高校野球としては黄金カードであり、名門校対決だ。昭和の時代からの伝統の一戦である。スタンドは多くの高校野球ファンで埋まった。東邦は、昨年秋の東海地区大会優勝校でセンバツ出場も果たした。また、中京大中京は昨夏の代表校で、ともに県内で最も甲子園に近い位置にある同士と言ってもいい対戦である。

 やや重い緊張感の中で始まった試合、お互いに少し硬いかなと思われたが、東邦の先発松山君は、先頭の伊藤 康祐君にいきなり中前打されたことで却って落ち着いたかのようだった。しかし、中京大中京の磯村君は先頭の濱嶋君を追い込んでから死球となってしまい、次の高木君の二ゴロも併殺が取れなかったこともあってか、いくらか力んでしまい、結局3四球で押し出して1点を与えてしまった。東邦の強力打線を意識しすぎていたところもあったようだ。

 こうして始まった試合、2回からは落ち着きかかったのだが3回、中京大中京が二死からの猛攻で4点を奪い返した。この回、一死後9番磯村君は左前打で出るが、三塁ゴロで二死一塁となる。しかし、ここから杉井君が中前打すると、内藤君は死球で満塁。杉本君の軟ゴロは失策を招いて同点。これで勢いづいた中京大中京は、5番佐藤 勇基君が右前打して二者が帰る。さらに一三塁で、鵜飼君も左前打してこの回4点が入った。まさに、昨秋の悔しさの思いをぶつけたような中京大中京の連打だった。

 しかし、東邦打線もさすがに破壊力がある。その裏、二塁打の高木君を置いて、松山君が右翼芝生席に放り込む2ランでたちまち1点差とした。磯村君としては、インコース低めを狙って投げたのだが、それをうまく運ばれてしまった。打者が一枚上だったと、磯村君自身も脱帽だった。しかし、そこから磯村君は切り替えて、組み立ても少し変えて、その後に崩れなかったことが大きかった。