至学館、3回に6得点!愛工大名電をコールド勝ちで破る

新美涼介(至学館)

 明治神宮大会も終了しているが、まだ全国各地では小さな大会が行われている。愛知県ではローカル大会が非常に多いが、この1年生大会は3回目だ。

 準決勝の第1試合は、愛工大名電至学館と強豪対決となったが、試合は思わぬ形で大差がついてしまう。3回裏、至学館は一死満塁から4番井口 敦太が中超え二塁打。これで愛工大名電の先発・鈴木敦矢が降板。二番手に左腕・澤居優斗が登板するが、至学館打線を止めることができず、バッテリーミス、連続安打、セーフティバントによる安打などで一挙6得点を入れる猛攻。さらに4回裏にも5番岩井 基起の適時打でさらに1点を追加し、7対0と大きくリード。至学館は小技を駆使して、点を取った形である。さらに4回裏、6回裏にも5番岩井の適時打で8対0と大きくリード。まさに硬軟織り交ぜた絶妙な攻撃で、まだスピード、パワー的な部分では鍛える余地はあるが、実戦的な攻撃ができている。

 コールドを阻止したい愛工大名電は無死満塁のチャンスを作り、9番石井は右飛。が、ライトの大谷 康稀がキャッチャーへダイレクト返球を見せて三塁走者が突っ込めず。実に素晴らしいスローイングで、強肩の外野手として頭にとどめたい選手だった。

 だが1番熊本 裕次が左中間を破る適時二塁打を放ち、2点を返し、8対2として、コールドを阻止する。1番熊本は第3打席で左前安打、第4打席でレフトフェンス直撃二塁打と実に鋭いスイングを見せている。腰が据わった構えをしていて、スイングスピードは速く、ツボで捉えればスタンドインする長打力はありそうだ。愛工大名電の選手の中では最もバランスが取れた1年生といえるだろう。