田中空良投手(豊川)

最高の準備で勝利をつかんだ豊川

 準決勝までの3試合では攻守にわたり盤石の戦いを見せてきた中京大中京
しかし準決勝は打線が沈黙。安定していた投手陣も大量失点を喫した。10対0で6回コールドゲーム。試合時間わずか1時間25分で中京大中京は敗者となった。
豊川は強豪を退け2年連続の決勝進出、東海大会出場を決めた。

 中京大中京打線の傾向を分析し、投球の組み立てをインプットしていた豊川田中 空良投手と捕手・氷見 泰介主将。初球から積極的に振ってくる相手に対し、ストライクゾーンから曲がるスライダーで打ち気をそらした。
一巡目の9人に対し田中は奪三振3、一度も外野へボール運ばせない完璧な立ち上がりを見せた。第2打席に一番・山本 源がスライダーを狙っていると感じた豊川バッテリーは、インコースの直球主体の配球に変え、最後まで無失点に抑えた。

 「研究通りに田中がよく投げてくれた。きょうは100点」と称える豊川の今井陽一監督。
田中投手をリードした氷見主将は「試合前のブルペンから田中は気持ちが入っていた」とエースが最高の仕上がりで大一番に挑んでいるのをミットからも感じていた。

 豊川は打撃でも前日の反省点を修正して試合に臨んでいた。
「早い球を打つ練習ばかりしてきたので、緩い球に対して突っ込みぎみになっていた」と話す今井監督。球をしっかり呼び込んで身体の軸で打つという指示を出し、好投手が揃う中京大中京の投手陣に挑んだ。