試合レポート

星稜vs東海大諏訪

2018.10.22

奥川恭伸が5安打完封!2年連続の北信越大会決勝へ

星稜vs東海大諏訪 | 高校野球ドットコム
奥川恭伸(星稜)

 星稜は3回、一番・東海林航介外野手(2年)の犠牲フライと、三番・知田爽太内野手(1年)のタイムリーで2点を先制すると、7回には相手のミスで1点、8回には四番・内山壮真内野手(1年)のホームランで追加点を挙げた。

 エース・奥川恭伸投手(2年)は最速150キロを記録。変化球も冴え、東海大諏訪打線を5安打に抑え完封。2年連続の北信越大会決勝進出を決めた。

 試合後、星稜の林和成監督は、「相手投手が良かった」と讃えるところから入った。2試合連続コールド勝ちの打線は、4点を奪ったもののわずか4安打。東海大諏訪のエース・横田夏己(2年)は、緩急をつけた見事なピッチング。特に無死三塁から三振、三振、ライトフライで星稜に追加点を与えなかった6回の気迫は、林監督も「あそこで取れなかったのは大きかった」と賛辞をおくった。

 素晴らしいピッチングを見せた横田が勝てなかったのは、それを上回るピッチングをした男がいたからだ。それが奥川である。捕手の山瀬慎之助(2年)も、「2点あれば十分」と試合後に話した。最速150キロの直球だけでなく、変化球、気持ちのコントロール、どれをとっても、完璧に近かった。「球速どうのこうのより、コントロールが今日は良かった。1週間しっかり調整してくれた」と指揮官も納得の内容だった。

 東海大諏訪の目線で見れば、1回に一死から連打で一、三塁のチャンスを作った後、先制点を取れなかったのが大きい。ただ、これには難しいセンターフライをさばいた、星稜の東海林の好ポジショニングがあった。林監督も奥川の初回に気を使ったことを試合後に話している。それだけ、先制点を巡る攻防は野球においては大きい。それを感じさせる試合だった。

 

(文・写真=松倉 雄太

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.16

元日ハム・飯山ジュニアの好投で修徳快勝! 双子の弟はセンバツ4強捕手、兄は元大学日本代表【24年夏・東東京大会】

2024.07.16

愛媛で宇和・渡部がノーヒットノーラン達成!帝京五を破る【2024夏の甲子園】

2024.07.16

茨城では土浦日大、水戸商、水城のシード3校が初戦突破!【2024夏の甲子園】

2024.07.16

富山中部が8回コールド勝ち、高岡南-魚津工戦は継続試合【2024年夏の甲子園・富山】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」