試合レポート

東海大市原望洋vs専大松戸

2017.07.22

死闘!優勝候補同士の対決は東海大市原望洋のエース・金久保が決める

 東海大市原望洋金久保優斗専大松戸川上鳳之と、今年の千葉県を代表する右腕同士の投げ合いは、最後まで見離せない死闘となった。

 まず先制したのは東海大市原望洋。2番鯨井は遊ゴロ内野安打、3番藤本は二ゴロ失策で一死一、三塁。4番荒川は二塁内野安打。5番大野の場面で、ダブルスチール成功。さらに1点追加して、2対0。立ち上がり、落ち着かない専大松戸の守備陣の隙をついて先取点を奪った。しかしここからは、川上は立ち直りを見せる。専大松戸上沢直之原嵩と2人の好投手をプロに輩出しているが、2人にはない長所とは何かといえば、カットボールだろう。球速は、130キロも超えるカットボールは手元でぐっと曲がり、鋭い変化を見せる。

 またストレートの平均球速も高い。初回から平均球速141.4キロ、2回表にはこの試合最速となる146キロを計測するだけではなく、平均球速143.1キロと、高校生トップクラスのスピードボールを投げ込んだ。川上が良いのは球持ちの良さ。自分のリリースポイントを把握しており、しっかりと回転数が高いストレートが投げられること。上沢、原のような角度の高さはないが、ストレートを思い通りにコントロールできる技術の高さが川上にはある。

 東海大市原望洋打線を抑え込んでいく。

 一方、東海大市原望洋金久保優斗。金久保は2月のインタビューでも、制球力重視ながら、平均球速を高めていきたいと話をしていた。この夏の金久保はパワーアップを実現。いつでも、140キロ~145キロを投げられる投手となり、初回からマックス146キロを計測するだけではなく、平均球速143.1キロと格の違いを見せつけるピッチング。ワインドアップからゆったりと始動を行い、右スリークォーター気味から鋭く腕を振っていくフォーム。金久保自身、力の入れ加減が分かっており、140キロ前後のストレート、鋭角な曲がりをするスライダーとのコンビネーションで打者を打ち取っていった。

 しかし5回裏、専大松戸は9番尾川龍馬(2年)が9番尾川が右超え三塁打。1番浅尾聖作(3年)の中前適時打を放ち、1点を返す。専大松戸は金久保から走者をためていき、7番平岩 大和(3年)は四球、8番川上は犠打、9番尾川は三振、1番浅尾は死球で二死一、二塁となって、2番昆野は金久保の144キロストレートを捉えて右超え適時三塁打で逆転に成功する。


 このイニングからストレートも高めに浮いて、またスライダーもうまく制御できず、ストライクを取りにいったストレートを見事に捉えられてしまった。外角中心に偏りすぎてしまい、金久保の投球には緩急がない。スライダーでしのごうとするので、ここぞというときのストレートを速く見せることができない。それでも常時140キロ台を計測する金久保相手にもしっかりと捉えるのだから、専大松戸打線のレベルの高さに心底驚かされる。

 そして7回裏には、4番今里凌(2年)は、振り逃げで出塁。パスボールで二塁へ。5番石川祐暉(3年)はストレートの四球。6番稲取 大河(3年)は犠打。7番平岩 大和(3年)は左前適時打で2点を追加。ここで、金久保は降板。5対2と3点差をつけて、川上も好調。勝負がついたかと思われた。

 しかし長年、死闘を繰り広げてきた両校の対決は、簡単には終わらなかった。8回表、4番荒川太一(3年)が、川上が得意とするカットボールを見逃すことなく、ライトスタンドへ消えるホームラン。そして9回表、後がない東海大市原望洋は、代打・相内 将貴(3年)は左前安打。犠打、9番疋田 悠祐(3年)の四球で一死一、二塁となり、1番宍倉貫太(3年)が左前適時打。2番鯨井 祥敬が凡退し二死二、三塁。そして3番藤本の場面でバッテリーミスで同点に追いつく。川上は全力投球で、抑えていこうとしたが、力んでしまった。

 そして9回裏、金久保が再登板。常時140キロ台の速球とスライダーのコンビネーションで、無失点に抑えると、10回表、金久保が川上のストレートを捉えて、ライトスタンドへ消える勝ち越し2ラン。この場面で試合を決めるホームランを打つのだから、金久保にはスターの素質がある。10回裏、金久保は、先頭打者を四球で許したものの後続の打者を打ち取り、専大松戸を退け、4強入りを決めた。

 東海大市原望洋は勢いに乗る勝ち方となった。専大松戸の粘りも見事。多くの主力が2年生。川上の後に投げた古川 信之介(2年)が、常時138キロ~139キロのストレートで二者連続三振。今までの登板の中でも最も凄いと思わせるストレートだった。来年、専大松戸のエースとして引っ張ってくれるだろうと思わせるストレートだった。

 今回の激闘は千葉県の高校野球史に残るゲームになったことは間違いない。

(文=河嶋宗一)

東海大市原望洋vs専大松戸 | 高校野球ドットコム 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード