試合レポート

幕張総合vs松戸馬橋

2017.07.17

幕張総合・富崎大輔が4安打完封!

 3回戦、松戸馬橋幕張総合の試合は、幕張総合のチャンスを逃さなかった攻撃と得点を許さない堅守によって見事な完封勝利をあげた。

 3回まで両者得点がないまま迎えた4回裏、幕張総合の攻撃。この回先頭の3番佐野智也の左前安打で出塁、すぐさま盗塁を決め無死2塁。続く4番庄山宙のバントで3塁へ進み、ピッチャーの送球ミスの間に本塁へ。待望の先制点をあげた。5番宮澤元樹がバントで送り、1死2塁。6番富﨑大介の左中間を破る2塁適時打で1点追加。さらに、続く7番佐藤隼斗が中前適時打を放ち1点追加、この回ピッチャーの変わり目を攻め、計3点をあげた。

 幕張総合の先発・富崎大介は緩急をうまく使う左投手であり、セットポジションから落ち着いたピッチングをする。多少コントロールは荒れているが、四死球はなく、テンポのいい試合運びとなり、完封勝利へとつながった。

 対する松戸馬橋も先発・品田知輝は左投手で、右打者の内角へ伸びのあるストレートを投げていた。幕張総合はなかなかタイミングが合わず、振り遅れが目立った。ランナーを背負う場面が多かったが、交代するまで無失点に抑えた。4回に交代した菊地透は3失点したものの、バッターに背中を見せて投げるトルネード投法のようなフォームで低めへ集め、安定したピッチングだった。3人目エース・田上雄仁は力強いストレートとキレのあるスライダーで1失点にとどめた。先に投げた2人はまだ2年生、来年が楽しみだ。

勝利した幕張総合は18日に4回戦をむかえる。

幕張総合vs松戸馬橋 | 高校野球ドットコム 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>