試合レポート

習志野vs東京学館浦安

2016.07.24

習志野が土壇場に逆転でベスト4へ!

 内野スタンドは満席になり、外野スタンドも徐々に埋まりつつある[stadium]千葉県野球場[/stadium]での第2試合目は好カード・習志野東京学館浦安の試合。

 甲子園有力候補2校で、どちらが勝ってもおかしくない対戦に試合前から盛り上がりを見せている。先発は習志野・エース関口 諒東京学館浦安は背番号16髙橋 大和。乱打戦になるのか投手戦になるのか試合展開は全く予想できない。

 試合を早速動かしたのは、東京学館浦安

 初回の攻撃で1番白川 浩平が良い当たりのセンター前で出塁すると、2番菅原 光洋が犠打で送り、5番で主将の西村 浩志郎がレフト前に放ち華々しい先制点を飾る。

 二死一三塁になったところで東京学館浦安はダブルスチールを決行し成功。さらに1点追加し、6番鈴木 幸太がライト頭上を越えるスリーベースで東京学館浦安がエース関口を捉え初回から3点を挙げる。習志野の関口はピンチの場面で少しテンポが悪くなっていたところを東京学館浦安打線は逃さなかった。

2回以降から徐々に関口のテンポが良くなっていき、習志野は3対0とビハインドで迎えた4回に反撃に出る。

 先頭の3番内山 京祐がセンターの前に落ちるポテンヒットで出塁。2年生で4番を任された吉野 海都はきっちり犠打を決め得点圏にランナーを置く。

 5番の大倉 貴樹が打った打球はピッチャーゴロで二塁ランナーの内山が二三塁間で挟まれてしまい、あえなくタッチアウト。その間に大倉は二塁まで到達し二死二塁。

 ここで迎えるは2年生の6番石田 瑛平。ツーストライクから振り抜きセンター右に飛ぶタイムリーヒットで二塁ランナーが生還し1点を返す。一塁スタンドの習志野大応援団が一気に盛り上がる。この勢いで1点でも多く取っておきたいところだったが、東京学館浦安の髙橋に後続を抑えられこの回は1点に止まる。

 5回を終えて東京学館浦安のリードで3対1。グラウンド整備を終え6回に突入していくが、両チームチャンスを作ることが出来ず0点。しかし、8回にヒットや犠牲フライなどで習志野が1点を返し3対2にして緊迫の最終回を迎える。

 後がない習志野は6回から途中出場している先頭平野 武蔵がレフトに大きな当たりを放ち、レフトは落下地点に入り一度は捕球をしたものの落球をしてしまい、その間に平野は二塁まで到達する。

 続く6番石田が初球を三塁線に綺麗なセーフティバントで出塁し、こちらも6回から途中出場の7番伊藤 悠はデットボールで無死満塁のこの上ない絶好のチャンス。8番高宮 和弘はサードゴロを打ち、東京学館浦安サードの村松 慎之助は落ち着いて処理しアウトカウントだけ増え一死満塁。

 習志野は5回からマウンドに上がっている東京学館浦安のエース黒田 航平を責め立てていく。そして一死満塁で迎えるは前の打席で黒田からツーベースを放っていて、7回から2番手として投げている3年生投手並河 啓太

 この展開に球場の熱気は最高潮に達し、習志野が逆転するのか、東京学館浦安が守り切るのか、1球1球固唾を飲みながら迎えたカウント3-2となった6球目。並河が振り抜いた打球は、二打席連続でのレフト線へのツーベースで一気に逆転し4対3。習志野が土壇場で形成を引っくり返す。

 9回裏、東京学館浦安の攻撃。

 先頭は、6番鈴木が力強いスイングでセンター前に放つと、7番相川 虎之助が犠打を決め一死二塁。まずは1点を取りに行く姿勢を見せる東京学館浦安。ここで代打の松川 篤はピッチャーゴロを打ったところ、二塁ランナー鈴木が飛び出してしまいタッチアウト。チャンスはあっという間に消えてしまい後続も打ち取られ、4対3でゲームセット。東京学館浦安の夏が幕を閉じた。

 試合が終わった後、球場からは大きな拍手に包まれた。習志野ナインは輝かしい笑顔、東京学館浦安ナインは悔しさの涙を浮かべていた。この試合で野球の怖さ、最後まで何が起きるか分からない怖さを選手はもちろんのこと観客たちも身に染みて感じる試合展開だった。夏に負けることが出来るのは1回だけ。この夏に負けた経験を糧にして東京学館浦安は今後も突き進んで行ってほしい。

 勝った習志野の次の相手は、市立船橋との対戦が決まった。千葉大会もベスト4が出揃い、ここからが辛く厳しい戦いになっていくと思うがもっともっと熱い夏にしていってもらうことを期待したい。

習志野vs東京学館浦安 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>