試合レポート

成田vs佐倉

2016.07.19

成田、コールド勝ちも習志野戦へ向けて打撃に課題を残す

 Aシードの成田佐倉の対決。隣町対決となった一戦は序盤から試合が動いた。1回裏、成田は一死一、三塁のチャンスから一塁走者の花嶋悠吏(3年)が盗塁を敢行。しかし捕手が暴投。三塁走者が生還したが、花嶋も相手野手の動きを見逃さず、一気に本塁へ。この抜け目のなさ、積極的な姿勢が素晴らしい。3回表、君塚の適時打で1点を失うが、4回裏、先発投手の大川直也(3年)が左中間を破る適時二塁打で1点を追加して、4対1とする。

 大川は春季大会から登板をしていた三塁手。テークバックが大きい独特のフォームから常時130キロ~136キロの直球と曲りが大きいスライダーで勝負する右腕。打者としてもパワフルなスイングで2回戦の千葉日大一戦(観戦レポート)で本塁打を放ったように、パワーもある選手で、今後も注目していきたい選手の1人だ。

 一死一塁から2番大矢が左中間を破る二塁打を放ち、1点を追加すると、さらに4番酒巻の右前適時打で1点を追加し、一気に5対1と点差を広げる。6回裏にも二死満塁からまたも2番大矢が左前へ2点適時打で7対1と点差を広げる。そして二死満塁から押し出し死球で8対1と点差を広げる。

 そして最後は5回表からリリーフをしている鈴木凌賀(3年)。まるで斎藤佑樹のような変則的なテークバックから常時138キロ~142キロの速球で圧倒。7回表にはコンスタントに140キロを計時。リリーフになるとこれほど力のあるストレートを投げるのかと驚かされる内容であった。

 成田がコールド勝ちを決めたが、気になったのは、成田打線の打球内容は芳しくないこと。スイング軌道が下から出ていて、ボールの軌道に合っていない。単にタイミングを狂わされたというより、どうもボールの上っ面を叩いている選手が多い。春の大会では、的確にボールを捉えて次々と鋭い打球を飛ばしていた姿が印象的で、8得点を奪ったとはいえ、良いポイントで打っていた選手はほとんどいなかった。次は習志野習志野の投手陣を芯を外す、タイミングを外すことを得意にする投手が多いだけに何としても修正を図りたいところ。

 ちょっとした隙を見せただけに、ぜひ残り1日間で修正を図ることができるか注目をしていきたい。

(文=河嶋 宗一

成田vs佐倉 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード