試合レポート

松戸国際vs柏中央

2016.07.18

松戸国際が粘り勝ちで3回戦を突破!

 快晴に恵まれた[stadium]QVCマリンフィールド[/stadium]。グラウンドは人工芝のせいか下からくる熱気がかなり暑そうに感じる。そんな中、第1試合はシード校の松戸国際柏中央の試合が行われた。お互い好投手の今吉 翼日下 燦太朗の先発で投手戦が期待できる。

 両先発、130キロ近くのストレートと緩急をつけたスライダーを中心にコースにしっかりと投げ込み、打たせて取るピッチングで調子のいい立ち上がりを見せる。

 しかし、3回裏に試合は動く。

 柏中央の攻撃。ワンアウトから2番の武藤 諒海が一二塁間を抜けるヒットで出塁すると、3番木川田が打った打球は高くバウンドし内野安打となる。さらに悪送球で一死一、三塁と松戸国際・今吉から絶好のチャンスを作る。続く主将で4番の森 康二朗がきっちり犠牲フライを放ち、1点を先制する。

 点を取られた松戸国際はすぐさま逆転をする。

 3回まで柏中央の日下に封じ込められていたが、先頭の2番米田 一成が二遊間を抜くヒットでノーアウトから出塁する。その後、バントなどで二死二塁のチャンスを作ると5番吉田 壮志が難しいインコースの球を上手く腕をたたみながら、レフトスタンドに飛び込むツーランホームランで逆転する。真っ赤の松戸国際スタンドが大きく盛り上がる。

 6回表、松戸国際の今吉の制球が乱れ始めたところを柏中央逃さず同点に追いつく。

 四死球やバントでチャンスを広げ、一死満塁を作ると、ここで5番の溝渕 駿介がセンターフライを放ち2点目も犠牲フライで点を取っていき松戸国際の流れにはさせない。

 しかし、またも松戸国際が勝ち越す。


 先頭の3番今吉がフォアボールで出塁するが4番石塚 翔大がバント失敗してしまい、続く5番吉田は三振に倒れてしまう。コースに投げ分け、粘りを見せる柏中央の日下。しかし6番佐藤 光輝がセンター前、7番八巻 健治が二遊間を抜ける連続安打で1点の勝ち越しに成功する。

 7回以降、日差しが出てきたQVCマリンフィールドはさらに気温が高くなっていく。松戸国際・右の今吉、柏中央・左の日下は制球に多少苦しみながらも得意のストレートとスライダーを軸にピンチの場面をきっちり抑えていく。

 そして3対2松戸国際リードで迎えた9回表、柏中央の攻撃。

 柏中央は1番から始まる好打順。なんとかして1点でも取りたい柏中央であったが松戸国際の今吉の前に手が出ず、三者凡退に終わり3対2で松戸国際が3回戦を突破した。松戸国際の次戦は、流山おおたかの森か富里の勝者と対戦することが決まった。

 柏中央は3対2という僅差で敗北をしてしまったが、シード校・松戸国際の今吉に対してチーム一丸となり10安打を打っていき、長打力は無いものの単打でつなぐ戦い粘り強い野球を見せてくれた。柏中央は夏の過去最高成績が4回戦。来年の夏は、単打で繋ぐ野球でこの記録を塗り替えてくれることを期待したい。

(文=藤井 秀磨

松戸国際vs柏中央 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>