試合レポート

船橋芝山vs京葉

2016.07.18

船橋芝山が粘りを見せ、3回戦を突破!

 かなり気温が上がってきた、[stadium]千葉マリンスタジアム(QVCマリンフィールド)[/stadium]での第2試合目は船橋芝山京葉の戦い。お互い僅差でこの夏の大会を勝ち上がってきている。この試合も同様に緊張感のある僅差の試合となった。

 船橋芝山が初回から試合を動かしていく。

 先頭の1番諸節 凌平がフォアボールで出塁し、2番早津 海斗が犠打で送ると、3番金城 貴也が綺麗にセンター前へ放ち理想の形で先制点を取っていく。

 2回にも船橋芝山は相手のミスなどで追加点を挙げ、序盤から船橋芝山2対0とリードする展開となる。このまま船橋芝山のペースになっていくと思われたが、試合は膠着状態になり5回までお互い1安打。両先発の船橋芝山・大髙 諒也、京葉石井 寛大が130キロを超すストレートを武器に力強いピッチングで相手打線にチャンスの隙も与えない。

 スコアボードには0の数字が並び迎えた8回、両チームがチャンスを作る。

 8回表、船橋芝山はフォアボールや守備のミスなどで無死一、三塁のチャンスを作る。迎えるは、この試合で打点を挙げている3番金城。しかし、中間守備のショート正面に転がる。この打球を見て三塁ランナーがホーム突入を狙うが三本間で挟まれてしまいタッチアウト。その後、一死二、三塁まで広げるが後続が続くことが出来ず結局この回は無得点。京葉・石井が粘りを見せる。

 その裏、京葉の攻撃。

 先頭の5番井上 貴正がこの日チーム二本目のヒットなるライト前で出塁すると、6番齋藤 一輝の打席は、カウント3-2となったところでエンドランを仕掛けショートへの内野安打、続く7番酒井 隼弥がきっちりバントを成功させて一死二、三塁の絶好のチャンス。この上ないチャンスに京葉スタンドが大きな盛り上がり見せる。なんとしても追いつきたい京葉であったが、船橋芝山の大髙がこの日最速の132キロのストレートとキレのあるスライダーで後続をピシャリと抑え込みこの回も0に抑える。

 なんとしても追いつきたい京葉が9回表のピンチを切り抜け、最終回の攻撃に備える。

 1番の梅田 翔から始まる好打順。しかし、ファーストゴロで倒れワンアウト。2番の片岡 裕也船橋芝山の堅い内野陣の前に倒れツーアウト。このまま終わってしまうと思われたが、3番坂本 聖也がツーベースを放ち試合を面白くしていく。4番の露崎 智大はフォアボールで同点のランナーとして出塁する。迎えるは5番井上。カウント2-2から打った打球は、惜しくもサード正面に転がりゲームセット。

 船橋芝山が逃げ切り2対0で京葉を下し、3回戦を突破した。次の戦いは、匝瑳か千葉北の勝者と対戦することが決まった。

 僅差対決を制したのは、船橋芝山であった。先発した、大髙はピンチの場面でフルスロットルのエンジンをかけるピッチングで京葉打線を封じた。この先の戦いは、さらに過酷な試合になっていくと思われるが、僅差でのプレッシャーに負けない船橋芝山らしい野球を見せてもらいたい。

(文=藤井 秀磨

船橋芝山vs京葉 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>