試合レポート

習志野vs八千代

2016.07.17

やっぱり怖い習志野 その理由とは

  今年はノーシードから登場している習志野。春の県大会には出ていないが、今年も怖いというのが率直な印象だ。その理由を2つだけ説明したい。

相手野手にプレッシャーを与えるスピード野球

習志野の選手たちを見ていて思うのは伝統的にスピードのある選手が多いということだ。むしろ先の塁を奪えない、足でかき回すことができない選手はレギュラーにはなれないのでは?というぐらい徹底されている。

2回表の先制劇がまた鮮やかだった。6番石田瑛平(3年)の二塁打から始まり、7番伊藤悠(3年)はセーフティバント。これが決まり無死一、三塁。さらに伊藤が走って無死二、三塁となって、8番高宮和弘(3年)のセーフティスクイズで1点を先制すると、9番石川水都(2年)の犠飛で2点を先制すると、5回表には一死から2番子安泰雅(2年)の安打、3番内山京祐(3年)がライト線を破る二塁打で一死二、三塁。この2人のスピードが群を抜いて速い。そして4番菅谷友紀(2年)の犠飛、5番平野武蔵(3年)の中前適時打で4対0とした。ここまでの得点劇はまさに速攻。

 そして各選手が強いゴロを打てるのが素晴らしい。腰がしっかりと入って、ぐっと鋭く振ることができている。鋭いゴロを打てると野手陣もプレッシャーになると感じた。だが素晴らしかったのは千葉八千代の内野陣。しっかりと鋭い打球を処理することができていた。

自慢の応援がスピード野球とマッチしている

習志野といえば、吹奏楽部による「美爆音」による応援だ。[stadium]千葉県野球場[/stadium]に習志野吹奏楽部の応援が響き渡っていた。そしてスタンドを見渡すと、チームカラーのエンジ色のTシャツを着た習志野ファンばかり。ヒット打つたびに大歓声が沸くのだ。これほどの大歓声。スピード野球ということで、相手野手陣にとってはかなりのプレッシャーになるだろう。音が大きいので、この試合でも内野フライ、外野フライでも、交錯しそうな場面があった。声が通らないのだ。だが千葉八千代が素晴らしかったのは要所で全くエラーをしなかったことのだ。まずは大歓声に動じずに守れるメンタリティが大事になるだろう。一方、習志野にとっては大きなアドバンテージを有しているともいえる。


 習志野の強みを見せた試合だったが、それでも千葉八千代の粘りは素晴らしかった。7回裏には二死一、二塁から7番海保匠(3年)の適時打で1点を返す。8番森田 裕(3年)が左前安打で二死満塁。さらに9番佐々木大地(3年)は中前適時打で2点を返し、3対4の1点差にしたのは見事だった。だが8回、9回の反撃ならず。習志野が逃げ切った。

 習志野も強かな野球が光った試合だった。しかしチームが入れ替わって好選手がどんどん出てくるのが強み。先発の石川は、常時130キロ~133キロのストレート、スライダー、カーブをテンポよく投げ分けられる投手で、試合をしっかりと作ることができるのが強みだ。まだ2年生なので、これから球速・球威を伸ばしていけば、さらに注目を集めそう。

 2番手で投げた並河啓太(3年)は、コントロールが素晴らしい投手。9回裏、1点リードの場面で、ストライク先行で投球を組み立てられる制球力・度胸が凄い。球速は130キロ前半(133キロ)の速球、120キロ近いスライダーをコーナーギリギリに投げ分けていた。

 打線ではやはり3番内山京祐(3年)。走攻守のバランスが素晴らしい。分厚い太ももをしていて、その太ももの強さを生かした鋭いスイングは魅力的で、打球の鋭さが一段と増していた。広角に鋭い打球を打てて、この日は本塁打はなかったが、甘く入れば持っていくパワーもある。そして走塁も速く、次の塁を狙う姿勢も良い。そして三塁守備はバウンドの合わせ方が秀逸で、捕球してから送球するまでの流れが速く、肩も強い、走攻守のバランスは関東地区の内野手ではトップレベルのモノを示した。

 今回は4点しかとれていないが、スピード感ある選手がいて、何か嫌らしいチームというのは相変わらずだった。
 敗れた千葉八千代は右腕の森田裕が気迫溢れる投球で立ち向かっていた。全身をダイナミックに使ったフォームから繰り出す120キロ後半~130キロ前半のストレート、スライダー、曲りが大きいカーブのキレが見事で、しっかりと腕を振って投げるので習志野の打者たちが打ち難そうにしていた。夏は終わったとはいえ、まだ体力面を強化すればさらに速くなる可能性は持っているだけにぜひ続けてほしい選手だ。

(文=河嶋 宗一

習志野vs八千代 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード