試合レポート

流通経済大柏vs秀明八千代

2016.07.12

1回戦とは思えない熱気、駆け引き、レベルを誇った好ゲーム!

 試合の駆け引き、熱気、1点をめぐってのせめぎ合い…。これが1回戦のレベルなのかと思わせるゲームだった。
まだ千葉大会は始まったばかりでありながら、とても見応えあるゲームだった。

 流通経済大柏は先発・川崎悠我(3年)。
右スリークォーターから投げ込む直球は130キロ前後をマーク。両サイドへのコントロールが良く、合間に投げ込むスライダーの切れも良い右の好投手だ。見ているだけで、気持ちが入っていて、能力以上にメンタルの強さを評価されている投手ではないだろうか。
 一方、秀明八千代の左腕・金子怜磨(2年)は120キロ半ばのストレートと、スライダー、カーブを丹念に投げ分ける左腕で上手く打たせて取る投手だ。

 先制したのは、流通経済大柏。2回に、6番豊島浩史(3年)が左前安打を放ち、その後、一死一、三塁のチャンスで、9番川崎の内野ゴロの間に1点を先制。
しかし、5回。秀明大八千代も今井の適時打で追いつく。

 その後、お互い点を取ることができないまま迎えた7回裏。流通経済大柏は9番川崎が先頭打者として出塁。その後、二死満塁となって、4番千葉が三塁手の横を抜ける痛烈な左前適時打で2点を勝ち越し。
だが秀明大八千代も粘る。先頭打者の安打と相手の失策で無死二、三塁のチャンスを作り、まず内野ゴロで1点を返すと、ここで流通経済大柏は途中からレフトを守っていた川崎が再びマウンドに登る。
川崎は力投をみせ、8番渡井怜央(3年)をニゴロ。緩いゴロだったということもあり、三塁走者が突っ込むが、これが間一髪アウトとなり、次に一塁走者を飛び出していたのを捕手・豊島が見逃さず、ここもアウト。さらに、9回表も秀明大八千代は走者1人を出したが、ビシッと抑え、見事に勝利を収めた。

 2時間30分以上に及ぶ熱戦。1イニング1イニングが濃く、投手の様子を見ると一心に投げていたのが伺える。それだけ両チームの打者が、投手を追い詰めていた。


 この日の試合を振り返ると、流通経済大柏は好選手が多かった。主将の永島広大はこの試合2安打を打ったように、素直にボールに対してバットを出せる。バットコントロールの良さを持った左打者で、チャンスを広げたい場面でしっかりと、その期待に応えたヒットを打っているのを見て、チームにとって3番打者として心強い存在だというのが分かる。
また、遊撃守備も軽快で、捕ってから投げるまでの動作に無駄がなく、身のこなしの良さを持った選手で、ボールの扱い方が丁寧だ。上のステージでも二塁・遊撃を担える能力を持った選手だといえるだろう。

 他には、投手陣を粘り強くリードし、投手へもこまめに声を掛けていた流通経済大柏の捕手の豊島は、気配りもそうだが、一番の武器はコンスタントに2.00秒台を計測する強肩も魅力である。そして打撃もパンチ力ある打撃が魅力で、1つ1つの打球が鋭い。次のステージでも十分に続けられる可能性を持った選手であった。

 そして最後に紹介したいのが、三塁を守る最上谷波留(1年)だ。1年生とは思えない骨格の良さ、下半身の太さと、体つきから非凡さを感じる。

 クリーンナップを任せられるほどの打力を持つ1年生と伺っているが、確かにそれも頷けるパワフルな打撃ができる選手。スクエアスタンスで、ヘッドを投手方向に向ける独特な構えで、足を高々と上げてからやや弧を大きく描いたスイングで、捉えた時の打球音が実に重い。打球も3年生とほぼ同格で、流通経済大柏では久しぶりに現れた右のスラッガー候補。ぜひ大きく育ってほしい逸材だ。

(文=河嶋 宗一

流通経済大柏vs秀明八千代 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード