試合レポート

八千代東vs流山南

2016.07.12

5打数5安打&無失点の好リリーフを見せた八千代東・真島涼我!

 ベンチ入り17人の流山南が序盤、八千代東に打力で圧倒したかに思えたが、八千代東も打力で対抗し、逆転勝ちを収めた。

 まず1回表、流山南は、二死二塁から主将で4番の佐々木勇斗(3年)の左前適時打で先制。さらに2回表には、二死満塁から押し出し死球で1点を追加すると、さらに佐々木が今度は走者一掃となる右越えの適時二塁打を放ち、5対0と点差を大きく広げる。

だが、八千代東もここから反撃開始。まず2回裏には5番中田悠太(3年)が安打で出塁すると、二死二塁から2回途中からマウンドに登った真島涼我(2年)が適時打を放ち1点を返す。

4回裏には、一死二塁から、7番佐藤僚太(3年)が適時打。続く、真島も左前安打を放ち、二死一、三塁の場面から、9番千葉の適時打。さらに、2番長澤一裕(3年)の三塁強襲安打で4対5と1点差に迫る。
さらに5回には、一死二、三塁から真島が前進守備の横を抜ける中前適時打で逆転に成功。

そして7回裏にも八千代東は、一死一、三塁から大河内勇紀(2年)、4番鈴木鴻太(3年)の適時打で8対5と点差を広げ、試合を決めた。

 この日の殊勲者は5打数5安打を記録した真島だろう。彼の良さはあふれ出る野球センスの高さだ。投打ともにそれを感じさせた。まだ2年生のため体力は上級生に比べると低く、球速は120キロ台だが、コントロールが良い。さらにスライダーのコントロールも抜群で、フィールディングも良い。

 そして、5安打を記録したバッティングだが、彼の良さはバットコントロールの良さ。ややオープンスタンス気味に構えてから、ややすり足気味にタイミングを取っていく。とにかくボールに合わせるのが上手い。まだ引っ叩くようなスイングで、体全体を上手く使えていないのが気になるが、このミート能力を上手く生かし、さらに強いスイングができれば、もっと魅力的な選手になることは間違いない。これからはとにかく強く振ること、コンタクトすることを大事にしていってほしい。体つきもまだまだ華奢だが、伸びしろはたっぷり詰まった選手だといえるだろう。まだ、2年生ということで、今後が楽しみな選手だ。

(文=河嶋 宗一

八千代東vs流山南 | 高校野球ドットコム
注目記事
第98回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?