試合レポート

明徳義塾vs今治西

2014.05.05

岸潤一郎が「次のステージ」に到達するには

明徳義塾vs今治西 | 高校野球ドットコム 

今治西にリベンジを果たし、珍しく感情をあらわにする岸(明徳義塾)

 最後の打者を空振り三振で仕留め、右手でグラブを強く叩き、雄叫びをあげる明徳義塾岸潤一郎(3年)。それは普段クールガイで鳴らすキャプテンが珍しく感情を露にした瞬間だった。

 「意識していなかったと言ったら、嘘になりますね」

 岸本人も認めるように、昨秋四国大会準決勝で0対4と完敗を喫した今治西へのリベンジマッチ。初回に先制点は許すも2回には5番・安田孝之遊撃手(3年)の左中間二塁打を契機に、二死三塁から8番・棈木裕亮捕手(3年)の右越三塁打で同点。4回裏には6番・森奨真二塁手(3年)右中間二塁打を犠打で送り、再び棈木が中犠飛で逆転。明徳義塾ベンチの意気は極めて高かった。

 こうして満を持して5回表に「(二死二塁から4番・福原健太右翼手(3年)に適時打を浴びた)最初の1点はけん制サインを見逃して投げたボールが本来、遊撃手のいる位置にいって取られたもの。そこは1年生だから攻められない。

 勝ちに行った試合だから4回で交代させたが、先制されていなかったら5回までは行かせていた」と、馬淵史郎監督も合格点を与えた188センチ1年生左腕・平石好伸(大阪・浜寺ボーイズ出身)からバトンを引継いたエース。ただ、そのリードを岸は守ることができない。

 6回には「カットボールでカウントを取りに行った」真ん中高めを「突破口を開きたいと思っていた」2番・田頭寛至遊撃手(3年)に叩かれ大会第1号・田頭にとって高校通算6本目となる同点アーチを喫し、7回には、これもカウントを取りに行ったカットボールを福原にレフト線へ運ばれて無死二塁とされると、二死から7番・藤原睦来一塁手(2年)の三塁ゴロが不規則バウンドでグラブを弾く安打となって勝ち越しを許すことに。


明徳義塾vs今治西 | 高校野球ドットコム

力投する神野靖大(今治西)

 確かにセンバツ1回戦、四国大会順位決定戦と不甲斐ない戦いが続き「昨年秋の四国大会準決勝のように戦った」(田頭)今治西の気迫は馬淵監督が「執念」と評したように素晴らしかった。
試合開始約3時間前のアップ直前までは選手個々のモノマネを体現するなどして選手たちを真に笑わせ、アップから一気にスイッチを戦闘モードに切り替えた大野康哉監督のメンタルコントロールも、第1シードが確定した愛媛大会の頂点を見据える上では大きな収穫である。しかしながらこれも容易に想像できたことだ。

 そして内に押し殺した感情を抑えきれず甘いボールを痛打され、失敗を重ねるくらいなら、この試合最後のように表情で発散し、成功につなげた方がいい。この試合で「リベンジ」を達成し、「自分の中で一番いいボールが最後に来た」満足感よりも、その定理が理解できたかが頂点を極めるチームのエースを背負う上での絶対条件である。

 ちなみに「腕をふることはできたが、ツメの甘さが課題として残った」と7回裏二死から安打、4連続四死球で明徳義塾に再逆転を許したことに肩を落とした今治西左腕・神野靖大(3年)によれば、岸は試合終了の挨拶後こう神野に声をかけたという。

 「夏、甲子園でもう1回やろう」

 本当は「熱き漢」。そのコントロールが真に為された時、岸潤一郎は「次のレベル」へ到達することができる。

(文=寺下友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.26

【春季近畿大会】大阪学院大高のプロ注目ショート・今坂幸暉は3打数無安打。「第1打席がすべて」と悔やむも好守備に手応え

2024.05.26

【春季関東大会】超強力打線・帝京の快進撃が止まる! 白鷗大足利の山口・昆野を攻略できず、13年ぶりの夏への課題は「大黒柱の育成」

2024.05.26

【島根】開星、出雲が各地区で優勝<各地区大会>

2024.05.26

【宮城】仙台育英が投打に圧倒して5大会連続28回目のV<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.26

【春季関東大会】常総学院・中村虎汰郎が二刀流の活躍で決勝進出に貢献!9回にはサヨナラに繋がるヒット!投手としてはセンバツ後に再転向で連日の好リリーフ!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【春季関東大会】センバツVの両エース打ちで勝利に貢献!逆転タイムリー放った池田翔吾(常総学院)は指揮官も絶賛の打棒の持ち主!

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商