試合レポート

東海大望洋vs千葉明徳

2013.07.25

主砲の一発で東海大望洋が3年ぶりのべスト4進出

  雨天順延が心配された千葉県大会。[stadium]QVCマリンフィールド[/stadium]も9時半過ぎは本降りで、試合が決行されるか微妙な状況であったが、10時頃になり雨が弱まり、10時20分に試合開始。千葉明徳はエース左腕の畠山 滉平(2年)ではなく、3年左腕の中元 雄紀(3年)だ。

 東海大望洋は3回裏、2番梅澤 孝弥(3年)は左横線の二塁打で無死二塁のチャンスを作ると、3番早川 一朗(3年)が犠打で送る。一死三塁から、4番豊田 航平(3年)が高めに入ったカーブを手元で引きつけて、振り抜いた打球は角度良く伸びていき、ライトスタンドへ飛び込む2ランホームランで2点を先制する。

   4回裏、千葉明徳は背番号10の右下手投げの小川 祥史(3年)。二死から東海大望洋は1番志田が四球で出塁、さらに盗塁を仕掛け、二死二塁。梅澤は外角低めの変化球を中前安打。志田が生還し、3対0へ。再び中元が投手になる。

 東海大望洋の先発は右サイドの武内。この日は前日の試合よりストレートの制球力に安定感があり常時120キロ後半~最速133キロのストレート、スライダー、チェンジアップを織り交ぜながら千葉明徳打線を7回無失点に抑える好投。


 さらに7回裏、1番志田 洋樹(3年)が死球で出塁、2番梅澤の犠打で一死二塁、3番早川の中飛で、投手交代。背番号11の高市 樹(2年)が登板するが、制球が定まらず、4番豊田の四球、5番仲沢 和音(3年)の死球の四球で満塁に。ここでエースの畠山滉を投入するが、勢いを止めることができず、6番久保山 隼斗(3年)が右前安打で2点を追加し、二死一、三塁、代打の円城寺 勇人(3年)がストレートを巻き込んで左前安打で、6対0とする。畠山滉は貯めていたランナーは返してしまったが、後続はしっかりと抑える。左腕から勢いある130キロ前後のストレート、スライダーには光るものがあった。ここまでの力投で、先発するのは難しかったのだろう。万全の状態での畠山滉の投球を見てみたいものがあった。

 8回表から東海大望洋はエースの山田 雄太(3年)が登板。いきなり最速140キロのストレートをマーク。QVCマリンフィールドのガンは結構厳しいのだが、そのガンで140キロを計測するのだから、彼のスピード能力は確かなものがある。そして110キロ台のカーブを交え、8回は2奪三振。だが9回、アクシデントがあったのか。球速が130キロ前半にがたっと落ちた。伸びやかなフォームと比べると、苦しそうな表情で投げているのが伝わる。なんとか9回も無失点で切り抜け、べスト4進出を決めたが、山田の状態が心配であった。

 試合内容としては7回にうまく打線がつながり、合計6得点を奪った。中央学院戦で先制打を放った久保山、そして本塁打を放った豊田の前にどれだけランナーを貯められるか。また円城寺のような代打の切り札をどの場面で投入するかも鍵になりそうだ。

 次の相手は延長サヨナラ勝ちを決めている習志野。苦戦は強いられることが予想されるが、今までのように投手を中心に堅い守りを発揮し、勝負どころでしっかり打つ勝負強さを発揮し、3年ぶりの決勝進出を果たしたい。

(文:河嶋 宗一)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード