試合レポート

横芝敬愛vs千葉国際

2013.07.18

横芝敬愛がランニングHRをきっかけに大量得点! 5回コールド勝ち!

  浦安との再試合の末、3回戦に進出した横芝敬愛と、安房を延長の末、下した千葉国際の対戦だ。横芝敬愛の先発は鎌田 光津希(3年)。2日間で24イニングを投げ、320球を投げ抜いた鎌田。先発で登場だ。

 注目の鎌田。連投の影響もあるのか、ストレートは抑え目で、変化球を丁寧に投げ分ける投球で1、2回を無失点に打ち取る。2回裏、横芝敬愛の攻撃。千葉国際の先発は江尻 祥太(3年)の制球が乱れる。4番石原 稜也(3年)、5番佐野 龍ノ介は四球で出塁。6番小野 祥汰(2年)は犠打、7番鎌田は四球で満塁。続く8番宮嵜 祐理(3年)が右前安打を放ち、1点を先制する。

 そして8番高宮 稜太(1年)。1年生ながら背番号「4」を手にした男だが、シートノックで惹かれた選手だ。打球に対する動きの速さは1年生離れしており、捕球してから投げるまでの動作に無駄がない。体格も良く、思わずチェックしたくなる雰囲気をもった選手であった。

 高宮はスクイズを試みるが、外され、三塁走者がアウト。二塁走者も三塁へ走ろうとして、挟殺プレーになり、アウトになるかと思ったが、三塁でセーフ。一死一、三塁で再開し、高宮はレフトへ大きな当たりを放つ。レフトが追う、しかしレフトは捕球できずに外野へ転々と転がる。走者一掃の当たりは間違いない。高宮は三塁を周り、なんとホームへ。高宮はヘッドスライディングで滑り込み、セーフ。ランニングホームランで4対0とする。

 鎌田は尻上がりに調子を上げていき、真っ向から振り下ろすフォームから角度の良いストレート、スライダー、カーブを投げ分け、3回2安打2死球で降板。


その裏、5番佐野が遊撃内野安打で出塁、6番小野が左中間を破る二塁打を放ち、1点を追加。ここで投手交代。背番号「1」の平野豪隆(3年)。7番鎌田は遊ゴロで一死三塁、8番宮嵜は四球で一死一、三塁。9番高宮の内野安打で小野が生還し、1点を追加し、6対0。一死一、二塁となって1番多田 智也(2年)の二ゴロで高宮はアウト、しかし送球が大きくそれてしまい、宮嵜が生還し、7対0。2番川口 強(3年)の四球で二死一、二塁。3番大木 優太(3年)の中前安打で多田が生還。8対0。二死一、二塁のまま4番石原の四球で二死満塁となって5番佐野が左中間を破る走者一層の二塁打で11対0とする。

 4回表、横芝敬愛は、2番手に保坂 和志(3年)が登板し、無失点に抑え、その裏、横芝敬愛は一死二、三塁のチャンスから1番多田の中前安打で1点を追加し、一死一、三塁から2番川口の中前安打で1点を追加し、13対0とする。

 5回表、千葉国際は1番船越 直人(3年)の右前安打で2番川元 錬平(3年)が右二塁打を放ち、無死二、三塁のチャンスを作ると、3番酉川 隆太(3年)の遊ゴロ失策で1点を返す。4番平野の中犠飛で1点を返し、13対2とするが、後続が凡退し、横芝敬愛が5回コールドで勝利を決めた。

 思わぬ大差となった試合。2回裏に先制し、突き放したいところで高宮のランニングHRが飛び出たのが大きかった。スクイズ失敗からのランニングホームランなので、結果オーライともいえるが、このランニングホームランで、千葉国際投手陣、千葉国際ナインの気合が切れてしまったような感じがした。体格を見るとそれほど大差はなかったが、一瞬のプレーで大きく差が開いた試合となった。

 勝利した横芝敬愛はAシードの千葉英和に挑む。

(文:河嶋 宗一)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード