試合レポート

専大松戸vs東京学館浦安

2013.07.15

専大松戸、5番石川が勝利手繰り寄せる先制3ラン!

 千葉大会4日目、連休の最終日は、いよいよシード校も登場し、各地で熱戦が繰り広げられた。
県野球場の第2試合は、2回戦屈指の好カード、専修大学松戸対東京学館浦安という、注目の一戦が行われた。
春の準優勝校、Aシードの専大松戸は今夏の初戦。対する東京学館浦安は1回戦を5回コールドで勝ち上がってきており、接戦が予想された。

第1試合でAシードの銚子商業が初戦で敗れ、夏の大会独特の異様な雰囲気が残る中、試合は始まった。
専大松戸の先発投手は、背番号11の左腕•金子弥聖。豊富な投手陣を誇るチームにあって、大事な初戦の先発を託された。夏の主軸投手として、期待の高さが窺える先発起用である。

学館浦安の1番打者は、主将の小野田。1回戦で先頭打者本塁打を含む2本塁打を放ち、チームを勢いづかせた好選手。立ち上がりから試合のポイントとなりそうな対決となった。金子はこの小野田をフルカウントから空振り三振に切って取ると、初回を3人で切り抜ける無難な立ち上がりを見せた。

一方、東京学館浦安の先発投手は背番号10番の秦野。力のあるストレートと、キレの良い変化球をコーナーに投げ込む好投手だ。
専大松戸は、この好投手•秦野に初回から襲いかかる。1番の稲葉が初球を叩き、ライト前ヒットで出塁。犠打と死球で二死一、三塁とチャンスを広げると、5番の石川がレフトスタンドに豪快な3点本塁打を放ち、専大松戸がいきなり3点を先制した。

学館浦安としては、ダメージの大きい立ち上がりとなったが、先制を許した直後のピンチで中堅・池田が、落ちれば大量失点につながる打球をダイビングキャッチで凌ぎ、一方的な展開を阻んだ。

攻守で相手の流れを止めた学館浦安は、2、3回とヒットと四球などでチャンスを作るも、金子に要所を締められて得点を奪うことが出来ない。
一方の専大松戸も、2回以降追加点を奪えず、試合は膠着状態に入りそうに見えたが、それを嫌うかの様に学館浦安ベンチが動く。4回から秦野に代えてエースナンバーの矢島をマウンドに上げ、試合の流れを変えにいった。矢島は、伸びのあるストレートで専大松戸の4回の攻撃を無失点に抑え、反撃を待つ。
 しかし専大松戸の金子も、中盤から徐々に調子を上げて、学館浦安に反撃を許さない。


 迎えた5回裏、専大松戸が二死からチャンスを作る。石川の四球後、6番の藁谷がこの日2本目となるヒットをライト前に放つと、7番の河村が、矢島の高めに伸びるストレートを上から叩き、左前タイムリーで貴重な追加点を上げた。

立ち直った金子を何とか攻略したい学館浦安は、8回に反撃の糸口を掴む。
この回先頭の、小野田が右前に痛烈なヒットを放つ。右翼手が打球の処理を誤ったのを見逃さず、俊足を生かして一気に二塁を陥れ、無死二塁のチャンスを作る。主将の一打で、学館浦安のベンチ・スタンドも反撃ムード一色となった。

しかし、この日の金子は落ち着いていた。後続を自らの好フィールディング等で凌ぎ、この8回を無失点に切り抜けると、最終回もそのままマウンドに登り、0点に抑え見事な
完封勝利をおさめた。

接戦が予想された2回戦屈指の好カードは、Aシードの専大松戸が初戦の緊張感を初回のの先制攻撃で振り払い、見事に3回戦進出を決めた。

この試合、試合開始直前に、エースナンバーの高橋が、マウンドの金子の所まで走り、声を掛けたのが印象的だった。
グラウンドに立たないベンチの選手も一緒に戦うという意識を持ち、全員野球でチーム一丸となって挑む夏。今年も強い専大松戸が見られそうだ。

敗れた東京学館浦安は、2回戦敗退という、短い夏となってしまった。
強打に攻守と、非常にハイレベルなチームであった。また、グラウンドとスタンドが一体となっている応援も見事で、ここで敗れ去るにはあまりにも惜しい学校であった。同地区で対戦が多い両校、秋以降も好ゲームを繰り広げてくれる事に期待したい。

勝利して3回戦進出を決めた専大松戸は、17日の[stadium]柏の葉球場[/stadium]第2試合で、船橋二和高校と対戦する。

(文:原野 啓)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード