試合レポート

柏日体vs松戸馬橋

2013.07.16

じっくり、慎重に、それでも柏日体コールド進撃

 昨夏は千葉大会で初めて決勝進出、甲子園出場こそ逃したものの、学校としても一つの歴史を作った柏日体。そのメンバーも多く残ったということで、もちろん、今年はそのもう一つ上を目指している。
 とは言うものの、初戦である。「夏は何があるからわかりません。だから、やっぱり慎重にいかないといけません」という金原健博監督だ。「ウチは4人の投手がいるのですけれども、相手の状態をみて考えた上で投手を決めて行きます」という考え方で、この日は背番号10の池田君が先発した。

 池田君は右上手投げで、オーソドックスタイプだが、コントロールよく相手を追い込んで打たせていくタイプ。決して威圧感があるというものではないが、自分に有利な形から攻めの投球をしていくコツを心得ている投手である。そんなところが評価されての先発になったのであろう。
 立ち上がりは3人でピシャリと抑えて好調な滑り出し。見ていて安定感は十分で、結局7イニングを投げて被安打5、与四死球2で失点0は十分に期待に応えた内容だった。

 そして、打線は2回下位打線でチャンスを作って、2死二、三塁から2番山口君の一、二塁間をゴロで破る安打で2点を先制した。さらに、5回には四死球で好機を掴んで、山口君のスクイズで追加して、なおも幸運な内野安打などで2点を加えて松戸馬橋の先発、シュート気味のくせ球のある石滝君を攻略。有利に試合を運んでいった。

 7回には、代わってからやや打ちあぐんでいた左腕秋山君に対して、2死から連続四球でもらった好機に代打渡辺君が左翼手頭上を破って2者を戻してコールドゲームとなった。
 「ここ一本が出ていれば、もっと点が入っていたかもしれませんけれども、初戦ですし、慎重にスクイズもしながら点を取って行きました。ただ、5回はもっと取れましたね」と、3点を取って、なおも1死満塁でスクイズ失敗の併殺を悔いた。それでも、夏までに努力してきた大竹君、深澤君といったところが正選手としてポジションを奪っていってくれる存在になったことを素直に喜んで夏の大会へ好ムードで入ることが出来たという感じだった。

 松戸馬橋は、1回戦では佐倉を倒して勢いに乗っての2回戦だったが、中盤に石滝君が掴まったのが痛かった。

(文:手束仁)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード