試合レポート

津田沼vs大原

2013.07.14

18安打の猛攻で津田沼が勝ち上がる!

 暑い日差しの下、熱戦が繰り広げられている千葉県大会。この日の[stadium]千葉マリンスタジアム[/stadium]第2試合は、津田沼大原の対戦。

 津田沼は初回から1番・湯浅竜成がヒットで出塁。エラーと盗塁で三塁へ進み、早々にチャンスを作る。ここで2番・長谷川紘平が適時打をきっちりと放ち、先制。1・2番コンビの電光石火の攻撃で津田沼が幸先の良いスタートを切った。

 対する大原は2回、この回先頭の4番・髙梨太輔がセンター前へのヒットで出塁。5番・中村勇貴の送りバント、6番・菅野凌志のセカンドゴロの間に進塁し、二死ながらも三塁と、同点のチャンス。しかし後続がショートゴロに打ち取られ、同点に追いつくことは出来なかった。

 4回、初回の先制点以降追加点を奪えないでいた津田沼の攻撃。一死からヒットで出塁の7番・田村就を、8番・迫真琴がバントで送り二死二塁。続く9番・田邉祐基がライト線を破る適時三塁打を放ち、1点を追加。6回にも田村就の適時三塁打、迫真琴の適時打で2点を追加。コツコツと勝利に向かって前進していく。

 なんとか流れを止めたい大原、6回裏の攻撃。一死から6番・菅野凌志がヒットで出塁、盗塁を決め一死二塁。続く7番・河野京介の打球はレフトへ。ヒットかと思ったその時、津田沼レフト・長谷川紘平が快足を飛ばし前進、ギリギリのところでキャッチし、レフトフライに仕留めた。ヒットになっていれば大原のチャンスが広がる場面。思い切ったプレーで、ピンチを脱し、さらにチームを盛り上げることになった。

 8回、疲れの見える大原守備陣に対し、流れに乗り元気いっぱいの津田沼打線は、ここにきて打者一巡、三塁打、二塁打2本ずつも飛び出す猛攻を見せ6点をあげ、試合を決定付けた。津田沼はこの試合、最終的には18安打の乱れうち。10対0で8回コールド勝ちを決め、2回戦へと駒を進めることになった。

 大原は敗れはしたものの、2回のチャンス等で、途中1点でも挙げていれば、どちらに転ぶかわからない展開であった。最終的に点差はついてしまったが、やってきた練習は間違いではないことは、プレーを見ていた球場の誰もが感じたことだろう。

(文:編集部)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>