試合レポート

宇都宮清陵vs小山西

2012.07.23

9回の逆転劇!

2回戦でシード校の栃木工を破った宇都宮清陵が序盤から波に乗る試合展開だった。
2回裏に太田佳佑(2年)が一塁に出塁すると、野沢惟武樹(3年)がセンター前にヒットを放ち、チャンスを広げる。一、三塁の場面から、清水翔太(2年)のスクイズを決め、宇都宮清陵が1点を先制。
しかし、その後は両者ともに三者凡退が続く。両者ともに堅守が光る場面も多かった。

試合が動いたのは9回表。生沼慶悟(2年)がセンター前ヒットで出塁。代打で打席に立った小平塁(3年)の犠打で、生沼は二塁へ進むと、斎藤湧希(3年)のタイムリーで生沼が生還。小山西・待望の1点が入る。
9回表で野澤を攻略した小山西打線は、相手のエラーもあって、小井沼拓哉(3年)の二塁打でさらに2点を追加。宇都宮清陵から3点を奪った。野澤は、その後の打者を三振とセンターフライに打ち取り、宇都宮清陵は何とかこの回を終わらせた。

宇都宮清陵は2点ビハインドで迎えた9回裏。再逆転劇が始まる。
一死で迎えた福田博也(3年)がヒットで出塁し、続く平中崇義(2年)が四球で一、二塁の好機を作ると、大畑塁(3年)がレフト前ヒットで一死満塁に。小山西はここでピッチャーを岡野陽洋(3年)にスイッチ。チームのピンチを救いたい所だったが、松本昌也(3年)の三塁打で一気に3点を返され、ゲームセット。宇都宮清陵のサヨナラ勝ちで幕を閉じた。

(文=編集部)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.15

伝統校・県立和歌山に現れたスーパー1年生打者が2安打2打点の活躍で、2年ぶりの勝利に貢献!【24年夏・和歌山大会】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」