試合レポート

成田vs習志野

2010.07.25

2010年07月24日 千葉マリンスタジアム

成田vs習志野

2010年夏の大会 第92回千葉大会 準決勝

一覧へ戻る

決勝進出決定の瞬間

習志野を下し成田が決勝進出!中川五安打完投勝利!

いよいよ千葉大会も残すところ二日となった24日、千葉マリンスタジアムでは準決勝の二試合が行われた。注目校同士の対戦となった準決勝、この日千葉マリンスタジアムにはたくさんの千葉県高校野球ファンが詰めかけ試合開始前からスタンド上段までほぼ満員、試合途中から外野を解放するほどの準決勝戦としては異例の盛況ぶりをみせ千葉県の高校野球熱の高さが伺えた。

第一試合習志野

成田

の一戦、先発は習志野が末松、

成田

は中川の先発で試合開始。試合開始早々から習志野ブラバンによる華麗な演奏が千葉マリンスタジアムに響き渡り、スタンド全体が興奮につつまれた。

この試合、プロ注目の山下擁する強力習志野打線に

成田

のエース中川がいかに立ち向かうのかが最大のポイントと思われた。その中川、立ち上がりからストレートが走りマリンの球速で早い回から140キロ超えの表示。

長い腕をスリークオーター気味からするどく振り抜き手元で伸びてくるストレートで強打習志野打線を三回までノーヒットに抑える好投、これ以上ない立ち上がりをみせた。一方の習志野末松、ランナーは出すものの緩いカーブを効果的に使った投球で要所を締め三回を終わって0-0。本格派と技巧派の両投手の投げ合いで緊迫感のある試合展開となった。

そのこう着状態を破ったのは習志野山下、四回表三番福田が成田中川から頭部へ四球を受け担架で運ばれた直後の打席。執拗にけん制をし山下のタイミングをはずしにきた中川に対し、リズムを崩すことなく内角低めのチェンジアップをヘッドをうまく残しライトへ、エンドランが成功し一気にファーストランナーが帰り習志野先制。この日習志野初安打となるタイムリ-ツーベースを山下が放った。尚も二死三塁とし追加点を狙ったがこの日六番に入った藤井が

成田

中川の緩急をつけた投球の前に三振を喫し習志野追加点ならず。外角へ投げ込んだ中川140キロ超えストレートは見事だった。

その裏の

成田

、四番近藤が習志野末松の緩いカーブをひきつけうまくレフトへ運び二打席連続ヒットで出塁。一死一塁から五番高橋がこれまたレフトへストレートを流し打ち、ヒットが続き一死一二塁。

成田

打線の末松攻略法がここにきて見えてきた。完全なる逆方向狙い。六番木村もカーブを右中間へ流し打つ逆転タイムリースリーベース、

成田

が三連打で一気に逆転2-1。尚も一死三塁のチャンスだったがここは

習志野

末松がよくしのぎ追加点を許さず。そのまま両投手が踏ん張り五回終了。点差は一点、成田は中川のピッチング、そして

習志野

は継投のタイミングが注目された。

六回の表

習志野

の攻撃、盗塁成功で二死二塁、打席には四番山下。ファールフライをレフトがこぼしフルカウントからしきりなおしの場面で中川が投じた138キロ高めのストレートを山下三賑、同点ならず。

ピンチをしのいだ成田、六回裏の攻撃。ファースト藤井のエラーで一死一塁から七番勝田が末松のストレートを体の回転を活かしライトスタンドへ豪快なツーランホームランを叩き込み4-1とし三点を成田がリードした。尚も九番中川がツーベースを放ち末松をノックアウト。

習志野

は末松からエースナンバーをつけた高橋へ継投。

成田中川のピッチングが冴え、球速ののったストレートに加え低めに落ちるチェンジアップ、スライダー等の変化球が要所で決まり六回まで山下のヒット一本におさえるほぼ完璧な投球内容。そんななか

習志野

が意地をみせた。

七回表先頭の五番宮内がヒットで出塁、ここで六番藤井もヒットで続きノーアウト一二塁のチャンスをむかえる。一死後八番高橋が送り二死二三塁とした後九番水野が二点タイムリーをレフトへ運び4-3、

習志野

が再び一点差に迫りゲームが終盤にきてわからなくなった。

がしかし成田の中川が8回裏には山下から三振を奪うなど、ストレートがバッターの手元にきて浮き上がるような伸びのある球を投げ込みこのまま一点差を死守、成田がAシード校

習志野

を破り明日の決勝に駒を進めた。明日の決勝で本日

専大松戸

を下した

東海大望洋

と20年ぶりの甲子園をかけ対戦する。千葉県No.1投手をかけた成田中川対

東海大望洋

長友の戦いにも注目が集まる。

プロ注目習志野のスーパーキャッチャー山下の最後の夏が今日終わった。ゲームセットの瞬間、ベンチ脇でうずくまりしばらくの間動けなかった山下、先制タイムリーは放ったものの逆転されてからの打席で成田中川に完全におさえられチームを救う事ができなかったことを悔いているかのようだった。山下にとってはまだまだこれから始まる今後の野球人生での活躍に期待したい。

早いもので千葉大会も残すところあと一日、決勝を残すのみとなった。この異常な暑さの中闘う選手たちの健闘を最後まで祈願したい。明日戦国千葉の頂点が決まる。

(写真・文=国吉 辰一


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.19

【熊本】熊本国府は鎮西と対戦<RKK旗組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード