試合レポート

川島vs脇町

2010.07.11

2010年07月10日 オロナミンC球場  

川島vs脇町

2010年夏の大会 第92回徳島大会 1回戦

一覧へ戻る


國岡祐樹(脇町)

これぞ甲子園経験の成果!川島、5点差覆す大逆転勝ち!う

2回裏、脇町

川島

先発の東谷祐希(3年)に対し、9番・尾形賢一(2年)の満塁走者一掃2塁打を皮切りに5安打を浴びせる猛攻で5点を先制。しかし、

川島

脇町先発・國岡祐樹(3年)の球威が落ちた6回に1点、7回には打者10人を送り込み4点を返して同点に。白熱の好勝負は9回、途中出場の藤本純平(3年)タイムリーで勝ち越した

川島

が制したが、選抜大会出場の

川島

に全く臆することなく攻め続けた脇町も賞賛に値する内容であった。

正直に告白する。2回途中で相手のスコアボードに「5」が入り、エース東谷祐希(3年)がマウンドを降りた時点でこのコラムは「

川島

の初戦敗退」について触れねばならないと覚悟していた。加えて脇町のマウンドに立ちはだかるのは、実に7球団のスカウトがネット裏で見守る最速145キロ・プロ注目の187センチ大型右腕國岡祐樹(3年)。これまで驚異的な成長曲線を示してきたさしもの彼らも、この大量点差を跳ね返す力はないと思ったからだ。

しかし

川島

ベンチは誰もが、全くあきらめていなかった。まずは「点を取られようが、守備が乱れなかったら相手にリズムを与えることはない」(藤畠慶祐主将)野球のセオリーに基づく堅実な守備と、「鴨島東中の先輩である東谷を見習って低めにコントロールするようになった」(北谷雄一監督)西岡慎矢(2年)の好投で脇町の勢いを食い止めると、右ひじの痛みをおしてこの日の登板に合わせてきた國岡のスタミナ切れを予測し「早打ちしないで粘り強くやる」打撃で、6、7回で國岡のスタミナを奪うことに成功。しかも、その好機を演出したのは昨秋の時点では戦力になっていなかった緒方聡志と、ここにきて著しい成長を見せる大平祐輝の2年生であった。

かくして國岡をついにマウンドから降ろした

川島

。続いてマウンドに上がった田中将之(3年)に対しても、6月の県高校総体協賛ブロック大会では低めで打ち取られた教訓を活かし、真ん中に的を絞っての狙い撃ちを徹底。こうして同点に追いついた彼らをさえぎるものはもう何もなかった。

かくして9回に勝ち越した際には「選手が非常にたくましくなったと思いながら泣いていた」という北谷監督にとっても、「3年間ではじめて夏に勝てた」(藤畠)選手たちにとっても待望の夏1勝を手にした

川島

。この後に想定される対戦相手を見ても脇町戦同様の接戦から免れることはなさそうだが、秋の県大会のように「一戦必勝」の心意気で臨み、甲子園で得た経験値を発揮する頭の回転を止めなければ、「川島物語」はさらにそのページを増やしていくことになるだろう。

(文=寺下 友徳


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

島根が開幕!島根中央が7回コールドで完封勝利を挙げる【2024夏の甲子園】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.12

北海敗退、連勝は29で止まる!札幌光星、札幌日大、札幌大谷が南北海道8強へ【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!