試合レポート

小松島vs海部

2010.07.11

2010年07月10日 オロナミンC球場  

小松島vs海部

2010年夏の大会 第92回徳島大会 1回戦

一覧へ戻る


西口(小松島)

エース西口、緊張の第1シード開幕戦を救う

【試合経過】
2回裏、8番・西口元気(3年)、9番・林浩平(2年)の連続2塁打で先制した小松島は、4回にも西口の適時打で追加点。7・8回にはさらに2点ずつを追加し毎回の17安打で海部を圧倒した。一方の海部は1年生エースの古戸雅人が粘り強く投げるも、打線が尻上がりに調子を上げた西口の前に9回、失策絡みの1得点のみに終わったのが痛かった。

【インサイドコラム】

「第一シードの開幕戦ということで試合前はブルーな気分でした。勝ててよかったです」と試合後、記者団の前でホッとした表情を見せた小松島・豊富尚博監督。そんな緊張状態の小松島で終始安定したピッチングを展開していたのがエースナンバーを背負う身長177センチの左腕・西口元気(3年)である。

遠い親類に埼玉西武ライオンズの大ベテラン右腕・西口文也を持つ彼のピッチングスタイルは、その血筋を想起させるしなやかなフォームから投じる多彩な変化球が中心。「打たせてとることが前提」と本人も公言するように、カーブ、スライダー、チェンジアップに「小学校のときカーブが投げられなかったので覚えた」パームも交え、この日も海部打線を次々と手玉にとっていった。

さらに海部戦での西口は4打数3安打1打点1得点とバッティングでもチームに貢献。昨秋は腰痛から起因するウェイトコントロールに悩みを抱えていたが、「今の体重が72~73キロで安定していることで、ボールに伸びが出た」ことが打撃面にも好影響を与えているようだ。

かくして西口の投打にわたる大活躍により初戦を快勝で飾った小松島。今後も常に他校からマークされる立場であることに変わりはないが、「緊張はしたが、堂々とひたむきにプレーできた」西口がエースの風格を示し続けるかぎり、秋、春の県大会同様に彼らが王道を歩み続ける可能性は極めて高いといえよう。

(文=寺下 友徳


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.13

21世紀枠推薦校の鶴丸、2試合連続で接戦を制する!光った「声のベンチワーク」【24年夏・鹿児島大会】

2024.07.14

創部3年目・エナジックが昨夏王者にコールド勝ち!東海大福岡は8強入り【九州実力校・13日の試合結果】

2024.07.13

北北海道が開幕!士別翔雲、旭川実、北見柏陽が8強入り【夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】