試合レポート

千葉黎明vs市立船橋

2010.04.29

2010年04月29日 市原臨海球場

千葉黎明vs市立船橋

2010年春季千葉県大会 県大会 3回戦

一覧へ戻る

猪川(千葉黎明)

千葉黎明が昨秋関東大会出場の市立船橋に5回コールド勝ち!

今大会2つ目の波乱だろうか。昨秋、千葉3位として関東大会に出場した 市立船橋千葉黎明に5回コールド負けを喫した。昨秋2位の 東海大望洋 も敗退しているだけに、今大会は番狂わせが多い大会となっている。

千葉黎明の先攻で始まったこの試合。市立船橋の先発は左腕の小川 達也(3年)。小川は先頭の雨宮 圭祐(3年)をショートゴロに打ち取るが、2番の鹿島 主公(3年)にレフト前ヒットを許し、続く3番の山田 健太郎(3年)に死球で、ワンアウト1,2塁のピンチを迎えるが、後続を抑えて無失点に抑えるが、不安な立ち上がりであった。
 対する千葉黎明の先発猪川 優一(2年)。右アンダースローの投手。丁寧に投げ分けて三者凡退に切り抜ける上々の立ち上がりを見せる。
 千葉黎明は立ち上がりの悪い小川をとらえる。ワンアウト満塁から9番東 浩之(3年)がレフト前タイムリーで1点を先制。続く雨宮もサード内野安打で1点を追加。結局、この回4点を入れて、千葉黎明が試合の主導権を握る。千葉黎明の猛攻はまだ止まらない。4回の表、ワンアウトから1番の雨宮がヒット。

雨宮はすかさず盗塁を決めて、成功。さらに送球が逸れて、一気に三塁へ。2番鹿島がショートゴロ。これが野選となり、1点を追加。その後、山田のタイムリーで1点を追加して、二死満塁から7番上田 翔哉(3年)が走者一掃のツーベースを打ち、一気に9対0。そして一巡して、1番の雨宮がセンターへタイムリーを放ち、この回6点目。10対0とする。 5回の表にも2点を入れて、12-0。
千葉黎明は猪川―小貫 卓也のリレーで、市立船橋 を完封。千葉黎明市立船橋 に5回コールド勝ちを収めベスト8に進出した。

【覇気がなくなった市立船橋】
コールド負けを喫した 市立船橋市立船橋 の良さは思い切りの良い打撃と元気のあるチームカラーが売りであった。投手陣は強豪校に比べると弱いものの、打撃と勢いがそれをカバーしていたのだ。しかし今日の市立船橋を見ていると、全く覇気を感じないし、守備もこの試合で3失策。うち2つがキャッチャー藤田の悪送球で、守備の柱である藤田のミスが痛かった。投手陣も受け身の投球になってしまい、攻めるという気持ちが感じられない。それが12失点につながったのだろう。敗因はどこにあったかを自分たちでしっかりと反省して、夏につなげていってほしい。

【今年も台風の目に!?】
昨夏ベスト8に進出した千葉黎明。その強さ、勢いは今年も続いているようだ。昨秋は県大会2回戦で 東京学館 にコールド負け。しかしスコアは12-5で、完敗したコールド負けではない。投手陣が打ち込まれていなければ、接戦に持ち込める点数である。この試合をみて、今年も千葉黎明の打力は侮れないと感じた。一発長打の長打力はないものの、ここ一番の爆発力は脅威である。勢いに乗ったら手が付けられない打線は 市立船橋 の良い時期とチームカラーが似ているので、守備で攻撃のリズムを掴むことができるかが大事だろう。今後の試合でも堅実な守備で攻撃につなげていきたい。千葉黎明沼南 と対戦する。

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】