News

【明日初戦】10年ぶりの甲子園を目指す東海大札幌、走攻守に逸材そろう!

2024.06.26


大脇 英徳監督(東海大札幌)

【トーナメント表】南北海道札幌支部予選 25日までの結果一覧

東海大札幌は、大脇 英徳監督が2004年に就任以降、2014年夏、15年春と甲子園出場。15年春はセンバツ準優勝を飾っている。また、門別 啓人(阪神タイガース)、伏見 寅威(日本ハム)らをNPBに送り出すなど選手育成にも定評がある。

大脇監督は、今年はどんなチームを作り上げたのだろうか。
「ピッチャーを中心に守りでリズムを作るチームです。足を絡めて、どんどん仕掛けていきたいですね」

投の中心となるのは左腕エース・菅野 隆世(3年)。140キロのキレのある直球を武器に三振の山を築く。春は札幌支部の代表決定戦で、6回を投げて被安打1、8奪三振無失点。全道大会でも2試合に中継ぎで登板し、安定したピッチングをみせた。

攻撃陣は4番のマーティン・アンドレ・キャメロン(3年)が軸になる。147kmのスイングスピードから放たれる別次元の打球は圧巻だ。

「ティーバッテングから一球一球に集中するようにしています。全力でバットを振る中でも形を意識する感覚を持って取り組んでいます」と本人が語るように、瞬時の判断力・思考力にも磨きをかけている。練習試合解禁から、5試合で4発の本塁打を放つなど、ラストサマーに向けてしっかりと仕上げてきている。

また、今年のチームは足が使える選手が多い。中でも1番の遊撃手・松浦 幹大(3年)や2番や3番に入ることが多い中堅手・足立 至琉(3年)には注目だ。特に松浦のスピードは昨年のリードオフマン・大塚 渉夢(現・八戸学院大)を彷彿させる。大脇監督が、「ノーサインでも走らせられる選手が5、6人いる」と語るだけに、今年のチームは走れる選手が多く集まっている。

2014年の前身の東海大四時代に出場した夏の甲子園からちょうど10年。伝統の縦縞ユニフォームが甲子園に戻ってくるのか。6月27日、札幌市円山球場にて初戦を迎える東海大札幌。夏の決戦の火蓋がもうすぐ切り落とされる。

【トーナメント表】南北海道札幌支部予選 25日までの結果一覧

<関連記事はこちら>
東海大札幌を支える異色のマネージャー、その姿は“ほとんどキャプテン”!【野球部訪問】

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.25

昨夏甲子園16強・北海の卒業生進路紹介!元巨人外野手の息子らが中央大、147キロ右腕は社会人へ

2024.06.25

【南北海道】函館支部では第3シードの函館西と函館大有斗が初戦に挑む【2024夏の甲子園】

2024.06.25

【南北海道】室蘭支部では、第2シード苫小牧工が代表決定戦進出を狙う【2024夏の甲子園】

2024.06.25

【滋賀】組み合わせ決まる!近江がいきなり彦根東と対戦<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.25

【南北海道】小樽支部予選が26日に開幕!8年連続代表校の北照が登場【2024夏の甲子園】

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.21

沖縄大会が22日開幕!八重山商工、宮古、小禄が登場、開幕戦での白星一番乗りは?【2024夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!

2024.06.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在41地区が決定、長崎、高知、新潟、大分などでシードが決まる〈6月10日〉

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】