Interview

伝説の近鉄“いてまえ打線”の真実…超強力打線を支えた中村紀洋、タフィ・ローズが試合中に行っていたベンチ裏での作戦会議

2024.06.26


平下 晃司氏

プロ野球の長い歴史の中でも、燦然とその名を遺す近鉄の「いてまえ打線」。投手陣は弱くとも、圧倒的な打力で打ち勝つ野球はファンを虜にした。
96年から00年まで近鉄でプレーした平下晃司氏(46)に、中村紀洋、タフィ・ローズ、磯部公一、大村直之らが並んだ90年代後半の“いてまえ打線”を裏側を語ってもらった。

<前回を読む>「お前ストーカーか?」学校サボって見に行ったキャンプで天才・前田智徳に声を掛けられて 元阪神「……F1セブン」戦士が語る猛練習の高校時代

理想的なドラフトができた近鉄「もう一人、獲るか」

まずはドラフトの話からしていきましょう。
僕に声をかけてくれたのは中日、近鉄の2球団だけでした。どちらも高卒で指名するということではなく、「社会人に進んで3年後、もう一度プロを目指してほしい」という評価でした。

ですからドラフト当日は学校にいませんでした。当時のエースで2季連続で日南学園を甲子園に導いた坂元綱史が学校に待機していました。
そうしたら僕が近鉄から5位指名されたんです。これはドラフト当日に起こるイレギュラーだったといいます。
この目玉はPL学園のスラッガー・福留孝介で、近鉄が7球団の競合の末、交渉権を手に入れたんです。続いて2位で即戦力投手の岡本晃さん(関西大)、3位に俊足巧打の武藤孝司(創価大)さん、4位に全国大会にも出場していた好捕手・倉本慎也さん(広島経済大)を獲得。理想的なドラフトができていたんです。その流れで「もう一人いくか」みたいな話になり、私を指名したそうです。

僕も小川監督も驚きました。当初高卒プロを目指していたのですが、カープの春季キャンプを見る中で「自分が通用するわけない」と思うようになっていたんです。
監督に社会人からプロを目指しますと伝えると、こう諭されました。
「行けるときにいけ。高いレベルで3年間やったほうがうまくなる。大人の方にプロに行ける入口を作ってもらったのに、なんでいかない?」

今では行ってよかったと思います。球団からも「3年目までは一軍で使うとか考えていない。3年目までに体を作って野球を覚えて、4年目で一軍の活躍を目指そう」と言われ、実際その通りになりました。あのとき、監督から「お前なんかいけるか!」といわれていたら、プロ野球選手にはなれなかったかもしれない。

「思い切り振る」チームカラーのおかげで一軍に上がれた

僕のスタートは近鉄で本当に良かったと思いますし、10年以上もプレーできたのは近鉄の方針が大きかった。

僕は得意の打撃を伸ばしてもらいましたし、チームにはお手本になる打撃のプロフェッショナルが数多くいました。
近鉄は「三振してもいいから思い切り振ってこい!」というチームカラーでした。奇しくも高校時代の小川監督と同じ方針でしたので、僕自身思い切りバッティングができました。もし「追い込まれたらコンパクトにいけ」といわれていたらダメだったかもしれません。

プロ入り当初の二軍監督は梨田(昌孝)さんで、僕がバットを短く持って振っていたら、怒られました。
僕は足が速かったので、指導者によっては足を生かす打撃を求めたかもしれません。ただ、長打のない俊足タイプは守備も良くないといけない。自分は守備がずっと下手だったので、小さくまとまっていたら一軍昇格できるレベルに達することができなかったと思います。
一軍の監督に起用してもらうには、実力に加え、個性が必要です。だから“長打が打てる俊足タイプ”として、育ててくれたのは良かったと思っていますし、そのおかげで一軍で出場できる選手になれました。

次のページ:ベンチから出ていく中村紀洋とタフィ・ローズ

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.25

昨夏甲子園16強・北海の卒業生進路紹介!元巨人外野手の息子らが中央大、147キロ右腕は社会人へ

2024.06.25

【南北海道】函館支部では第3シードの函館西と函館大有斗が初戦に挑む【2024夏の甲子園】

2024.06.25

【南北海道】室蘭支部では、第2シード苫小牧工が代表決定戦進出を狙う【2024夏の甲子園】

2024.06.25

【滋賀】組み合わせ決まる!近江がいきなり彦根東と対戦<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.25

【南北海道】小樽支部予選が26日に開幕!8年連続代表校の北照が登場【2024夏の甲子園】

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.21

沖縄大会が22日開幕!八重山商工、宮古、小禄が登場、開幕戦での白星一番乗りは?【2024夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.06.24

愛媛の組み合わせ決定!今春優勝の松山商・大西主将は「どのチームと闘っても自信をもってベストなゲームをしたい」シード4校主将が意気込み語る!

2024.06.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在41地区が決定、長崎、高知、新潟、大分などでシードが決まる〈6月10日〉

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】