Interview

「どうしたら一軍にいられますか?」阪神外野手の必死の問いかけに、闘将・星野仙一が放った衝撃の一言…「めちゃくちゃ気持ちが楽になった」

2024.06.25


平下 晃司氏

「この人のもとで野球をやりたい!貢献したい!――そう思ったのが星野さんでした」
そう話すのは元阪神の外野手・平下 晃司氏(46)だ。
01年に近鉄からトレードで阪神に加入した平下氏は、04年途中まで在籍。野村 克也・星野 仙一両政権下で強くなっていくチームの一員だった。

今回は星野監督時代の思い出を語ってもらおう。

前回記事を読む:平下氏が語る野村監督時代「突然サッチーに呼び出されて……」

星野監督との食事会が選手を変えた

星野さんは一言でいえば皆さんがおっしゃるように「熱い人」です。とにかく「気持ちを出さんか!」という方でした。阪神にとって良かったのは、野村さん→星野さんのサイクルがうまくはまったことだと思います。
野村さんが野球の基礎をしっかりと教え込み、それを学んだ選手たちが星野さんのもとで、強い気持ちで野球をやることを教わる。楽天も同じサイクルでしたよね。野村さんのもとでプロ野球球団としての基礎をつけて、実力をつけつつ、星野さんで優勝しました。この2人が噛み合えば強くなりますよ。

星野さんはとにかくストレートな人でした。一流プレイヤーに対して忖度などしない。真正面から思うことを言うんです。当時阪神には、広澤(克己)さんがいたんですが、広澤さんのような大打者にも言いたいことを言いますし、外国人選手に対してもそうでした。立場など関係なく話すので、私にとってはやりやすい方でした。

一方で選手の話にもしっかり耳を傾けて、どうすればいいか答えてくれる方でした。
キャンプ中、星野監督との食事会が開かれます。その場で選手は一人一人監督と会話する機会がもらえるんです。

僕も星野さんと喋る機会をもらうことができ、星野さんにこんな質問をしました。
「どうすれば、星野さんのもとで一軍にずっといられますか?」
すると星野さんは、
「三振してもいい、全部お前らしく振れ。結果じゃないんだ。お前は3番を打てる打撃能力を持っている。だけど、頭と気持ちが能力に追いついていない。だから結果はどうでもいいから振れ」
そして、「岩村みたいになれ!」 とも言ってくれました。

当時、ヤクルトの岩村 明憲宇和島東)がブレイクしていたのですが(01年の成績は.287 18本塁打81打点)、めちゃくちゃ気持ちが楽になりましたね。「振りゃいいんだな」とシンプルに考えることができたので。ほかの選手も星野さんからわかりやすい言葉で目指す選手像を伝えられ、みんな気持ちが楽になったと思います。
例えば今岡(誠)さんは「お前はオレが監督をやる限り、ずっと使い続ける。だから自分の力を最大限に出してくれ」といわれたそうです。そうしたら首位打者(03年)に打点王(05年)ですからね(笑)。僕は星野さんが監督になった02年、キャリア最多となる89試合に出場することができました。

次のページ:星野監督と野村監督の違い/ドラフト1位が消える理由

固定ページ: 1 2

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.16

専大松戸が一挙6失点許してヒヤリ プロ注目の大型遊撃手の逆転本塁打で4回戦進出【2024夏の甲子園】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」