News

夏の滋賀を盛り上げる23人の逸材を紹介!近畿屈指の大型遊撃手・岩井(滋賀学園)、名門・近江の大エース西山など投打に人材揃い

2024.06.24


西山 恒誠(近江)・田上 航(八幡商)・岩井 天史(滋賀学園)・秋山 昌広(彦根総合)

7月6日に開幕する第106回全国高等学校野球選手権滋賀大会は48チームが参加し、7月27日に決勝戦を迎える。春の県大会は、滋賀学園の初優勝で幕を閉じた。今春の甲子園に出場した近江や復活を果たしつつある古豪・八幡商や新鋭校・彦根総合など実力校がひしめき、夏は激戦が予想される。今回は夏の活躍が楽しみな滋賀県の注目選手を紹介していきたい。

近江の大エース、伝統校・八幡商の144キロ右腕など私立、公立に好投手が点在

昨秋から春にかけてブレイクしたのが西山 恒誠投手(近江=3年)。最速143キロのストレートと鋭く曲がるスライダーを武器に好投を続けた。西山と遜色ない力を持つのが左腕の河越 大輝投手(近江=3年)。球速は130キロ台前半ながらカーブで緩急を上手く使った投球が光る。

滋賀学園も最速143キロの右の本格派である脇本 耀士投手(3年)と技巧派左腕の高橋 侠聖投手(3年)の二枚看板が強力。春の県大会では決勝で高橋が近江相手に完封した。

脇本耀士(滋賀学園)

高卒プロ入りを目指しているのが田上 航投手(八幡商=3年)。187㎝の長身から最速144キロの速球を投げる本格派右腕で、将来が楽しみな逸材だ。田上を凌いでエースナンバーを背負う増田 優輝投手(3年)は制球力に優れた右腕である。

杉本 倫太郎投手(立命館守山=3年)は昨年から140キロ前後の速球を投げている本格派右腕。渡邉 煌多朗投手(比叡山=3年)は130キロ台前半のストレートとスライダーを巧みに操る左腕で、今春に大きく飛躍した。

杉本 倫太郎(立命館守山)

2年生にも楽しみな投手がいる。海鉾 亨哉投手(彦根総合=2年)は入学前から期待されてきた大型左腕。今年に入って、ストレートに威力が増してきた。右腕の吉田 康清投手(彦根総合=2年)も力のある球を投げており、強力な二枚看板を形成しそうだ。

岡本 一徹投手(瀬田工=2年)は右下手投げ投げから130キロ前後のストレートとスライダーを器用に投げる。小椋和也監督が来年のプロ入りを狙わせたいと考えている逸材だ。

岡本 一徹(瀬田工)

次のページ:滋賀学園の大型遊撃手はスカウト注目の逸材!名門・近江は期待の1年生が登場

固定ページ: 1 2 3

この記事の執筆者: 馬場 遼

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

【宮城】24日に抽選会!仙台育英優位も、他校にも十分チャンスあり、ノーシード東北の抽選結果にも注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.23

沖縄夏連覇がかかる沖縄尚学がノーシードで初戦に挑む【2024夏の甲子園】

2024.06.23

【沖縄】ノーシード沖縄尚学が集中打を発揮して初戦突破、読谷、浦添商なども初戦突破【2024夏の甲子園】

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.18

昨夏甲子園出場の東海大星翔進路紹介!遊撃手は阪神、エースは専修大、主将はレギュラーとして大学選手権出場!

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.06.11

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在41地区が決定、長崎、高知、新潟、大分などでシードが決まる〈6月10日〉

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.06.14

【福岡】九州国際大付は小倉商、東海大福岡は小倉南、春日は大川樟風、福岡大大濠は輝翔館と対戦【2024夏の甲子園】