News

一人の整骨院院長がハンデを背負う鹿児島の離島野球部を支えていた!部員一人一人をオンライン指導「島の強みにしたい」

2024.06.22


尾堂学さんによるオンライン指導

6月22日、第106回全国高等学校野球選手権鹿児島大会の抽選会が行われる。

春ベスト8の大島、秋ベスト16ながら、2回戦で樟南を破った徳之島沖永良部の陸上部など、県内の大会で健闘を見せる離島チームの身体のケアやトレーニング指導に携わるのが鹿児島市で尾堂鍼灸整骨院の院長を務める尾堂学さんだ。日頃は大会で来鹿した際に選手たちが治療院に訪問するか、尾堂さんが定期的に島を訪れた際に直接指導する。

春8強入りした大島

近年では動画や電話のやり取りで日常的に情報共有するだけでなく、オンライン技術を駆使した直接指導にも意欲的に取り組んでいる。
6月は徳之島の野球部が初めてオンラインで指導を受け、夏の大会を前にしてパフォーマンスの向上やケガをしにくい身体作りへの意識を高めていた。
パソコンと大画面のモニター、スマートフォンのビデオ通話を通じて、尾堂さんが部員1人1人の動きをチェック。この日、重点的に伝えていたのは、身体の軸を整え、股関節をしっかり使って、自分の正しい動きを覚えることだった。
バットを振る、ボールを投げる、野球の基本動作の前に軸を整え、股関節を使えるようになるドリルを教える。教える前後でパフォーマンスの違いを直接見ている地頭所眞人監督と尾堂さんとで確認しながら、1人1人にアドバイスしていく。
身体の仕組みを理解し、正しい動きができればパフォーマンスも向上し、ケガをしにくくなる。勝 亮翔主将(3年)は「きょう習ったことを、しっかりと野球の動きにつなげていけるよう、日頃から意識して取り組みたい」と感想を話す。直接身体に触れる指導ではないが「余計な情報が少ないので、一度つかんだら離さない。島の強みにしたい」と地頭所監督は言う。尾堂さんは「自分自身の身体のことを把握し、自立して維持管理できるようになることが大事。いろんな知識を提供、アドバイスすることで鹿児島と離島の距離のハンディーを克服してもらえれば」と期待していた。

<関連記事はこちら>
◆【鹿児島NHK旗結果一覧】神村学園が2連覇!鹿屋農を下す
◆【トーナメント表】春季鹿児島県大会 結果一覧
◆神村、鹿実の壁を破れ! 国分中央は「全力疾走・最大発声・真剣勝負」で鹿児島の頂点を狙う
◆「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】
◆なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

 

この記事の執筆者: 政 純一郎

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.21

「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】

2024.06.21

【長野】22日に抽選会!上田西と東京都市大塩尻の「2強」に長野日大が続く、松商学園はノーシードからの「逆襲」へ<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【岐阜】22日に抽選会!今年の夏も「岐阜商対決」あるか、岐阜第一、関商工にもチャンスは十分<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【京都】22日に抽選会!京都外大西、京都国際が「両横綱」、龍谷大平安などが追う<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.18

激戦区・兵庫の組み合わせ決定!センバツ準V報徳学園は舞子と明石北の勝者と、3連覇狙う社、プロ注目右腕・槙野遥斗擁する須磨翔風など注目校の初戦は!?【2024年夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】