Interview

「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】

2024.06.21


子どもたちに囲まれ笑顔の阪長 友仁氏

この夏、阪長友仁が野球界に、また新たな一石を投じる。

阪長は2014年に、堺ビッグボーイズの中学部の指導に携わりながら、「LIGA Agresiva(リーガ・アグレシーバ)」を立ち上げ、アマチュア野球界に大きなうねりをつくりだしてきた。

リーガ・アグレシーバは、全国各地の高校野球部が公式戦で行うトーナメントの大会とは別に、選手たちの未来にフォーカスしたリーグ戦形式の取り組みである。そこでは、独自のルールを設けて試合を行っている。例えば、投手の障害予防のため、1日の制限数は100球とし、50球投球した場合は中1日休み。80球以上の場合は中4日休みとなる。また変化球もカーブとチェンジアップのみで変化球の割合は25%以下と定めている。
さらに使用するバットも、打者の将来性ならびに投手の障害予防などの観点から、2017年から木製バットか低反発のバットを推奨。ほかにも、リーガ・アグレシーバでは、スポーツマンシップ講習などの取り組みを行い、選手の長期的な成長を図る活動など行っている。

現在、34都道府県180校の学校が参加し、各地でリーグ戦を行いながら、選手個人や指導者たちの成長のきっかけとなる学びの場をつくっている。

リーガ・アグレシーバ立ち上げの際の阪長の思いやきっかけは後述するとして、この夏には、全国初の取り組みとなる高校3年生を対象にしたサマーキャンプを北海道で行う予定だ。この「LIGA Summer Camp 2024」では、全国各地の高校3年生80名が北海道に集まり、リーグ戦形式で試合を行う。1チーム20名がエントリーでき、顔も名前も知らない初対面の選手たちが一同に介し、約10日間、6~8試合のリーグ戦を行うのだ。

「野球界においても、スポーツ界においても、またそれ以外の業界においても、既存の固定観念を打破していく取り組みにしたいと思っています。今回のサマーキャンプを通じて、日本の社会が変わっていくきっかけになることが一番の狙いであり、みんなでより豊かに生きていける時代にしていきたいという思いがあります」と語る阪長だが、何を思い、何に出会い、今の活動を続けてきたのだろうか。

今回は、阪長の転機ともなったドミニカ共和国の野球事情も合わせて紹介をしていきたい。(写真提供=本人)

次のページ:「十年後、日本は行き詰まる」ドミニカ野球に触れて感じた危機感

固定ページ: 1 2 3

この記事の執筆者: 安田 未由

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.18

神奈川20日に準々決勝!春の王者・武相は唯一のノーシード横浜隼人と、横浜は秋の王者・桐光学園と対戦

2024.07.18

熊本で8強決定!九州学院、熊本工らが進出、進学校・熊本の粘りもあと1歩届かず【2024夏の甲子園】

2024.07.18

兵庫では報徳学園、東洋大姫路がベスト16入り、甲南が9回3点差逆転のサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.18

大分では明豊、大分、津久見などベスト16決定!高田、大分上野丘の快進撃に期待【2024夏の甲子園】

2024.07.18

栃木16強決定!白鷗大足利を破った波乱の主役・鹿沼商工の快進撃に期待【2024夏の高校野球】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」