News

【広島】21日に抽選会!県内26連勝の広陵が君臨、中国王者の尾道が続く、広島商、広島新庄などノーシードにも注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.20


只石 貫太、髙尾 響、土居 湊大(いずれも広陵)

2024年度の第106回全国高校野球選手権広島大会の組み合わせ抽選会が、21日に行われる。

大会は7月6日に開幕し、27日が決勝の予定となっている。

広陵は23年センバツと夏甲子園、24年センバツに続く、4季連続甲子園出場を狙う。22年夏の3回戦で英数学館に敗れて以降、広島県内では無敵の26連勝。エース髙尾 響投手(3年)と只石 貫太捕手(3年)のバッテリーが集大成の大会を迎える。この強さは夏も続くか。

勢いに乗っているのは尾道。春の準決勝で広陵に敗れたが、中国大会に出場すると、投打に安定した力を発揮し、決勝まで勝ち進み、倉敷商(岡山)との決勝では延長10回タイブレークの末にサヨナラ勝ちを収めて、中国大会初優勝を飾った。高いレベルの戦いを経験したことで広島大会の主役に上り詰める可能性を秘めている。

また春準優勝で初の中国大会出場を果たし初勝利も挙げた海田も、この勢いを夏につなげたいところだ。

広島商広島新庄如水館など、本来から優勝候補に名前が挙がってもおかしくないチームが、この夏はノーシードとなった。組み合わせ次第では、初戦から好カードが生まれる可能性はある。

夏のシード権を獲得したチームのほか、昨年秋と今年の春の4強は以下の通り。

<24年夏のシード校>
広陵
崇徳
総合技術
尾道
山陽
海田
広島国泰寺
広島国際学院

<23年秋季大会>
優勝=広陵(中国優勝・センバツ出場)
準優勝=広島新庄
4強=尾道福山

<24年春季大会>
優勝=広陵(中国4強)
準優勝=海田(中国4強)
4強=尾道(中国優勝)、崇徳

<関連記事>
◆【夏の甲子園地方大会抽選日&開幕日一覧・中国地区】
◆【トーナメント表】春季広島県大会 結果一覧
◆【トーナメント表】春季中国大会 結果一覧
◆【一覧】2024年夏 全国地方大会シード校
◆【一覧】2024年夏 全国主なノーシード校

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

島根が開幕!島根中央が7回コールドで完封勝利を挙げる【2024夏の甲子園】

2024.07.12

北海敗退、連勝は29で止まる!札幌光星、札幌日大、札幌大谷が南北海道8強へ【2024夏の甲子園】

2024.07.12

12日の和歌山は雨天中止、大会日程は1日ずつ繰り下げて決勝は29日に【2024夏の甲子園】

2024.07.11

福岡大大濠に現れた大型右腕・柴田獅子! 山下舜平太に次ぐドラフト上位指名クラスの逸材だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!