News

水谷瞬(日本ハム)「交流戦三冠王」なるか!? 本日交流戦最終戦、アーチ2発でほぼ確実!

2024.06.18


日本ハムに大ブレーク選手が誕生した。16日に行われた交流戦の結果、楽天の初優勝が決まったが、日本ハム・水谷 瞬外野手(石見智翠館出身)が、打率.443で交流戦首位打者に立っている。

スタートから鮮烈だった。5月29日の阪神戦から交流戦出場を果たすと、29日は4打数3安打、翌30日はなんと5打数4安打。勢いは止まらず、15試合連続安打をマークした。全試合安打マークという夢の記録は持ち越しとなったが、17試合で61打数27安打の打率.443と驚異的な数字を残している。

昨年まではソフトバンクに所属。層の厚い外野手争いのなか、出番がなかったが、現役ドラフトで日本ハムに移籍。ナイジェリア人の父と日本人の母とのハーフで、日本人離れしたスピードとパワーを武器にした打撃を売りにしていた。

そのポテンシャルの高さから、新天地での活躍を予感していた。特に、若手の起用には定評がある新庄監督のもとなら、大ブレークも夢ではないと思っていた。現に、今年のキャンプでソフトバンクから移籍した選手で、猛アピールしていた水谷を見て、ブレーク候補として名前を挙げて記事にしていたが、まさかここまでの成績を収めるとは…。予想以上の活躍は嬉しい限りだ。

日本ハムは交流戦1試合(阪神戦)を残している。交流戦の歴代最高打率は、2015年に西武・秋山 翔吾外野手(現広島・横浜創学館出身)が樹立した打率.432。水谷はこの記録更新も視野に入れている。さらに、本塁打3本はトップまで2本、打点13はトップまで1と、最終戦で2発を放てば、「交流戦三冠王」も手に入る。

交流戦最高打率を確定させるためにも打席に立たない選択肢はあるが、さらなる高みへ「挑戦」する水谷も見てみたい。

<関連記事はこちら>
◆ヤクルト・奥川が「980日ぶり」勝利は、躍動への序章! 長期ブランクを乗り越えた男たち
◆日本ハムを支える守護神”圧巻の数字”
◆好調・日本ハム山崎福也、初のタイトル獲得へ!
◆二軍落ちの堀田賢慎(巨人)、問題は低すぎる「奪三振率」 昨冬見せた157キロのストレートは見る影もなく……
◆【一覧】交流戦打率ランキングTOP5(6月2日終了時点)
◆台湾の剛腕・孫易磊(日本ハム)が3試合連続無失点!台湾でプレーした元阪神OBも「育成で入ったことに驚き」と高評価

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.11

部員確保に奔走する元甲子園球児監督、都立東が見せた「夏1勝」のための必死の戦いに見た、高校野球の原点【24年夏・東東京大会】

2024.07.12

島根が開幕!島根中央が7回コールドで完封勝利を挙げる【2024夏の甲子園】

2024.07.12

12日の和歌山は雨天中止、大会日程は1日ずつ繰り下げて決勝は29日に【2024夏の甲子園】

2024.07.11

福岡大大濠に現れた大型右腕・柴田獅子! 山下舜平太に次ぐドラフト上位指名クラスの逸材だ!<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.07.12

鹿児島水産、1点差で競り勝つ!シード・樟南も快勝【鹿児島大会6日目】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.09

4年ぶり復帰の指揮官、選手との信頼関係構築のカギは「公式X」! 光泉カトリックが初戦突破【24年夏・滋賀大会】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!